This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





ヘナチョコとsomething

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 

夕刻に家に帰り、着替えながらテレビをつけると、『クローズド・ノート』が放送されていた。
舞台挨拶での沢尻エリカの「別に」発言が話題を呼んだ、あの映画である。
どんな映画でも、見どころなんて言おうと思えばいくらでも言えるだろうに、沢尻エリカは言わなかった。


誰かがそれを大切にしているからといって、自分もそれを大切にしなければならないという道理は無い。
ただ、自分が相手を大切にしなければ、相手も自分を大切にしないだろう、というのは道理である。
それでかまわないのなら、誰かが大切にしているものだろうと平気でぶっ壊しまくってかまわないのである。
単に、考えも無しにそんなことをつづけていれば、いつか殺されるなり刑務所や病棟に送り込まれるなりする可能性が高まる、というだけの話で。
自分を何がしかの者として大切に扱ってもらえないというのは人の不幸である、というだけの話で。

誰にもまともに扱ってもらえない、というのはひどく寂しいので、多くの人は「私を大切に扱ってください」アピールをする。
というのはつまり、ウラを返せば「私はあなたを大切にします」アピールである。
そのアピールの手法というのは社会によっていろいろ決まっていて、礼儀だとか常識だとかいうものとして認識されていることが多い。
それ以外にも、身振り、表情、言葉づかいなども、お互いのあいだでふんだんに交換されている。
このアピールに多大な労力を振り分けてしまい、自分が他人から軽んじられる領域に踏み込まないことに躍起になっている人というのは、ひどく卑小だ。
自分が何がしかのものになることよりも、自分が無視されないことをいつも考えている。
しかしまぁ、こういった卑小な人物は特に注目に値しないので、結局軽んじられるのだが。
こういう卑小な人物を、ヘナチョコと呼ぶ。
ヘナチョコ、自分の信じることをスパッと言い切ることをしないような人物。

何がしかの人(つまり英語で言うところのsomething)とは、無視できない存在である。
その人が周囲を気にかけているかどうかに関わらず、周囲がその人を気にかけざるをえない存在。
その人は自分のことを見てもらうための目的で、誰かに贈り物をしたりする必要はない。
ただあるがままの自分でいるだけで、他人が注目せざるをえない存在。



あの舞台挨拶で沢尻エリカは自分がsomethingであることを誇示してみせた。
共演者や監督やスタッフや映画会社や広告会社やプレス関係者など、周囲の人々を軽んじてみせることで、自分はひときわ違った存在なのだと証明してみせようとした。
彼女が本当にsomethingであれば、それでも映画はヒットし、仕事の依頼は増えつづけただろう。
現実には、それから彼女はあっという間に凋落したのである。

あのときの沢尻エリカが本当にsomethingであったなら、彼女としては反抗的に「別に」などと言う必要はなかった。
「ラストシーンへ向けての主人子の心の揺れが見どころです」などと、ごまかしておけばよかったのだ。
まともに応えない、というのもまた、軽んじることの一形態なのだから。

10代の沢尻エリカはsomethingだった。
『パッチギ!』の彼女を見て、その存在を無視できる人がいるだろうか。
本人が好むと好まざるとにかかわらず、人目を引かずにはいられない特別な少女が存在する。
少女が身勝手であろうとも、いや、身勝手であるからこそ魅力はいや増し、少女もそれを察知しているのでますます身勝手になる。
しかし、20代の肉体と精神にしてそのような少女というのはありえない。
あの舞台挨拶のとき、沢尻エリカは21歳だった。
彼女としても、フィルムに写る自分の姿から輝きの褪せていることに気づいていたのではないか。
それでもなお自分がsomethingだと信じるためには、フィルムを軽んじ、周囲の人々を軽んじてみせるしかなかったのではないか。
本当に自分がsomethingであれば、自分がsomethingだと主張する必要はないのだということに気づきながら。



『行け! 稲中卓球部』というマンガを俺は大好きなのだが、中でも特に好きな回の一つに「その151 ゲース」がある。
ビビりのくせにエゴ丸出しの前野・井沢・田中の3人組に対し、クラスメイトたちはお互いに気づかいあっている。
しかし、そんな気づかいのウラに隠れて、それぞれのエゴにもとづく跳梁跋扈が行われているとしたら、それはとても醜いことではないだろうか。
さらに、単に他人を出し抜くことの上手いヤツばかりが美味い汁を吸って、出し抜かれたほうは怒りもせずに小さく泣いているだけだとしたら、そんな世界のどこに礼儀や常識があるというのだろう。
そんなヘナチョコどもにウンコを渡し、歩き去っていくゲス3人組は頼もしくさえある。

別に沢尻に軽んじられたからといって面白い映画は面白いのだし、沢尻がsomethingであれば誰の怒りを買おうとも仕事はくるのだし、本当に強い人は馴れ合いのウラで他人を出し抜くことに汲々としなくても人目を引くのである。



近ごろ、服装について考えている。
俺はよく、「首から下が残念な人」と言われる。
「顔は良いのにねぇ」という評価を、ずっとホメ言葉として受け取ってきたのだが、どうやらどちらかというとケナシてるらしい、ということに気づいてきた。
しかし俺にとって、服装でウケを狙いにいく自分というのを受け入れるのは難しい。
ファッション雑誌と同じような格好でその辺に転がってるヘナチョコどもと違って、俺はボロをまとっても魅力的なのだ。
服装をキメて「俺はイケメン」アピールをしなくても、あるがままでイケメンなのだ。
いや、イケメンでなくても、違う形での人間的魅力を兼ね備えているから、それで十分強いのだ。
そう信じたい。
しかし、これは沢尻の「別に」という強がりと同じものなのではないか。

つまり、みんなが汲々としている(と俺は思っている)服装を軽んじてみせることで、自分がsomethingであることを自ら主張しているのではないか。
実は自分が特に注目に値するほどの何者でもないのかもしれないという不安を押し隠すために、ボロをまとってみせることで自分に不安など無いのだということをアピールしているのではないか。
本当に自分に自信があるのなら、みなさんのリクエストに応えてみせればいいのである。
自分の勝負するところはそこではないと思っているのなら、そこにおいては適当に雑音を排除しておけばいいのである。
自分が無視されないための「俺も仲間ですよ」アピールではなく、とりあえずみんなこれを欲しがってるみたいだからそうしようかという自然体で。
あるがままの自分でいる、というのは難しい。





こないだテレビで見かけたヘナチョコ。
誰かこいつにウンコをかぶせてあげなよ。









広告
posted by kach 00:27comments(0)trackbacks(0)





「The Way」 みち・ことわり・すじ

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 

昨夜、夕飯を食べながら、NHKの「ダーウィンが来た!」という番組の最後の10分を見ていた。
テレビをつけたとたん、映しだされる二頭の虎の競り合い。
一瞬で勝負がつき、負けたほうは縄張りを出て行くのだそうだ。
実力差が開いているために、どちらかが打ちのめされるのを待つまでもなく、勝負は一瞬で決する。
道理だ。
互いを傷つけることが目的なのではなく、優劣を決することが目的なのだ。
たとえ、戦う前から優劣を目算することができていたとしても、闘った結果としてきっちりと決着をつけることが必要なのだ。
This is the way it is。

さらに番組の語るところに耳をかたむければ、実力差が開いていることすら、道理なのだという。
虎の母の乳首は複数あり、質の良い乳が最もよく出る乳首からそうでない乳首へと優劣がある。
子供たちは乳首をめぐって争い、最も実力の強い子供が最も優れた乳首にありつく。
あらかじめ持って生まれた実力差に加え、優れた乳首から乳を得つづけた虎と、それよりも劣った乳を得つづけた虎ができる。
必然、実力差が開く。
平均的な虎を3匹育てることよりも、1匹の強い虎と2匹の弱い虎を育てることを選ぶ。
そうして育った1匹の強い虎が、餌が豊富で狩りのしやすい縄張りを受け継ぐ。
強い虎だから難しい環境をあてがわれるのではなく、強い虎にこそ易しい環境がふさわしい。
もちろん、強い/弱い、難しい/易しいという価値は相対的なものであり、強い虎が易しい環境にあっても生きることは容易ではない。
子孫を生き残らせ受け継がせる可能性を少しでも上げるための、より確実な、ありうる中で最善の策への一手。
もちろん、子が縄張りを継ぐということは、親は追い出されるということであるから、親としてはやがて自分を追い出すだろう者を、手塩にかけて精一杯強く育てる。
道理だ。
This is the way it is。



橋本徹は、実力主義、あるいは成果主義を唱える。
この世では弱いものは生きのこることができないのだから、我々が生きぬくために必要なのは強いものをより強く、弱いものをより強くすることなのだ、と。
しかし、と私は思う。
道理とは常になんらかの原理のもとにしか成り立たない。
橋本徹が前提としている原理は、この世の原理を正しく踏まえているか。
「我々」や「日本」とは誰のことで、「生き残る」や「強い」とはどのような状態のことであろうか。

人間性、人間の人間たるゆえんとは、動物でない、自然でないというところから始まっている。
人間が動物であり自然であるなら、動物であり自然であることに疑問をもつことなどなかった。
その合一から外れたところに、人間性はある。
現代の科学技術の発達をもたらしたのはこの思考法であり、現代の社会の仕組みを作り上げてきたのもこの思考である。
「強いものとは生き残るものであり、弱いものとは死に絶えるものである。なるほど、そうですか。では生きてみればいいだけの話ですね。」で立ち止まらなかったから、現代の生活がある。
「所与の原理では死ぬべきとされている弱いものが生きる方法はあるだろうか。」というのが、人間の思考である。
そうやって科学技術を生み出し、弱者が強者に食い物にされつづけるだけでないやり方を考えてきた。

こういう、人間の複雑さを、橋本徹は前提に組み込んでいないように見える。
「強いものが生きのこる」、人間社会はそれほど単純なものではないのではないか。
あるいは、「生きのこるものが強いのだ」という前提をもつならば、人間社会における強さとはどのようなものであるかを見きわめるのは難しいのではないか。
テストや試合だけで人間の強さがわかるのならば、これほどラクなことはないのである。



徹底的に研磨されてきた数学の原理の世界において、ある条件から導き出される解はあらかじめ決まっている。
この世の原理、たとえば我々はそれを物理や生物学などの科学をとおして見るのであるが、それは所与のものであり、原始においてある条件から始まったこの世のあらゆる物事の解はあらかじめ決まっているのだろうか。
我々はそのことについてどのくらい知っているのだろうか。
世界は謎だらけである。

人間の原初は謎につつまれている。
というのは、それはトートロジーだからだ。
「人間の人間たるゆえんはその思考にある」と、「その思考は人間に独自のものである」というトートロジー。
たとえばある瞬間、猿が人間になる瞬間があったとして、「ん?」と気づいたところから人間になったのか、人間になったから「ん?」と気づいたのか。
気づかなければ人間にはなれないのだが、気づくことができるのは人間のみなのである。
鶏が先か、卵が先か。
問いそのものを見つめつづけるのは、ときに危険だ。
というのも、現実を見失い問いにおぼれるとき、人間性はときに路頭に迷い、狂気に落ちることがあるから。
問いそのものよりも、問いを生み出した現実を見失ってはならない。
鶏と卵のどちらが先であろうとも、現実に鶏は卵を産み、卵から鶏が生まれてくる。
同じように、もはや現代の我々が、自然との合一から外れたこの思考法からどうにも逃れようがない
というのもまた現実である。

自然との合一から外れているが、ではそれ自体は自然ではないのか、というのも一つの謎である。
人間が自然を疑い、自然に手を加え、自然を動かすからといって、人間もやはり生命でありこの宇宙の一部であることは揺るがない。
このような意識的な生物は自然のなかの唯一の例外なのか、あるいは生命の繁栄するところに必然的に生まれるものなのか。
例外だとして、必然だとして、その先にあるものはなんなのか。
人間はいったい何をやっているのか。

一方で、虎の生存戦略は人間的な意味での意識的工夫ではないにしても、一つの工夫である。
とすれば、そのような合理性に虎を導くものはなんだろうか。
生命とはそのようなものでしかあり得ないからなのか。
あるいは虎もまた、人間と別の意味でなんらかの例外的な特徴を持っているのだろうか。
虎がそうだとしたら、犬や亀やカラスは。
種としての生物がそれぞれに例外的な特徴を持っているとしたら、種のさらに下位に位置する個体一つひとつについてはどうだろうか。
それぞれの人間は、それぞれの虎は、それぞれの例外的な特徴を持っているのだろうか。
人間が虎の、虎が人間の例外的な特徴を知ることができず、内的な世界にとどまっているように、我々一人ひとりにも外からはうかがい知れない内的な世界があるのだろうか。
私が他の誰を見ても理解できない世界、他の誰も私を見ても理解できない世界、それはどこから。
そもそも私がここにいることは何か例外的なことなのだろうか。
あるいは、原始に与えられた条件から始まり解へと至る、すでに書き込まれた一つの(私から見れば)壮大な式のなかで、私は単に必然的なことだけをしているのだろうか。
そのような原理を読むことのできるコードはあるのだろうか。




高校生のころ、学校でよく漫画を読んでいた。
机の陰にかくして、教師の注意が向かう矛先に敏感になりながら。
俺はいつも他人のものを借りる。
ゲームも漫画も本もおもちゃも持っていない。
クラスメイトが学校に持ち込む漫画の中に、『天上天下』があった。
当時はたしか10巻ぐらいまで読んだ気がする。

一つの学校の中でのつっぱりとケンカの話を、たくましい想像力ででっかく飛躍させまくったらこうなりましたという感じの、もはやすがすがしいまでに男性的な世界。
16歳の俺としてはもちろんそのエロや暴力やギャグに引きつけられもしたのだが、同時に学校というものをここまで崩して描くことができるのだということをぼんやりと考えながら、驚いていた。
俺が引きつけられたのは、真夜と慎と光臣の2年前の出来事を描いた過去編だった。
何がどうなってるのか半分ぐらいしか理解できなかったけど、ただ避けられない悲しみを描いたものだということだけはわかった。


その後、マンガ喫茶で16巻ぐらいまでパラパラと見たことはあったけど、今回久しぶりに読んでみた。
こんなことしてちゃいけないなぁと思いながら読み始めたのだけど。
あのころ何がなんだかわからなかった悲劇は、力というものの悪魔的な魅力と、激しい嫉妬によって引き起こされたものだということがわかった。
このマンガは、そのように作者が見据えたものを描こうというときには多大な熱量が込められているのだが、細かいところが詰められていない。
え、なんで今こうなったの?みたいな疑問を持ち始めると、穴はいくつも見つけられるので、なんとなくわけわからない感をぬぐえないのはそのあたりに原因があるのだろう。
「なんかタマの裏側のシワは見せたけど、乳首にはニップレスみたいな不思議なマンガに」と、最終巻のオマケで作者が語っている。
連載長編マンガというのは全体のつながりを描ききらなければいけないから、短編集みたいに描きたいとこだけ精一杯描いて、あいだのつながりは作者だけがわかってればいい、というようにはならないから大変だなぁと思う。
13年もかけたんだって。
描いてるあいだにいろいろ浮かんじゃうから、放り込んでまとめるのも大変だろう。


いいセリフあるよね。

  ずっと今だけ楽しけりゃいいと思ってた
  どうせ先の見えねぇ未来なんざ
  見る必要もねぇと思って生きてきたんだ

  イヤになるぜ
  こんなんなってよーやく気づく自分のアホさによ
  “約束”ってな
  一人じゃ絶対できねーもんなんだってな
  (13巻)





あとはまぁ、古事記と大阪城などの歴史のこと。
これは歴史というよりは、作者がつくったおとぎ話として見ればいいだろう。
「読む」という行為は深い。
自分の見たいものをそこに読むのではなく、読むことによって何かを見なければならない。
真の詩人とは、物や出来事のに込められた意味を読むことのできる者のことであり、常人よりも深い位相で世界を見渡すことができる技を身につけている。
このマンガがそれをやっているかというのは微妙なところだが、少なくとも歴史の扱いにおいては、語りたいことを語るために上手く使っているという気がする。
始めから、それでいいのだと腰をすえているからいいのだけど。


とにかく、武術ってのはいいですよね。
俺も、胆(はら)くくらにゃあな。



広告
posted by kach 02:39comments(0)trackbacks(0)





いくえみ綾 『潔く柔く』

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 

昨日、なにやら浮かれた恥ずかしいポエムを載っけたのは、クリスマスが近づいているからというだけではない。(それもちょっとあるけど)
先週の合コンで知り合った女の子とメールしているからでもない。(こちらは本当にそれほど関係ない)
Bruce Springsteenの『The Promise』(ダークネス・ボックス)があまりに素晴らしいから、というだけでもない。(これはけっこう関係ある)
最も大きいのは、この『潔く柔く』を読んでいて、猛烈に感動したということだ。


いやぁ〜、俺ってば普段はあんまりマンガ読まない人なんだけどもこれは素晴らしいと思っちゃったね〜。
年末になるとね、俺の知り合いで「今年のマンガ」みたいのを選んで発表する人が何人かいてね。
それで1位に選ばれてた、『進撃の巨人』読んでね、ちっとも面白くなかったの。
ちっとも面白くないっていうと言い過ぎかもしれないけど、なんだかみんなが騒いでるほどには面白くなかった。
ていうか面白いか面白くないかの二択で言えって言われたらまず間違いなく面白くないし、みんなはこれの何がそんなに好きで騒いでるんだろうって思った。
その後、『テルマエ・ロマエ』読んだんだけど、これも大して面白くなくてね。
アイディアは面白いのかなぁ〜、って思ったけど、別に対してローマの勉強になるってわけでもないし、そもそもそんなことのためにマンガ読むわけじゃないし。
多くの人に面白いって言われてるマンガでもこんなもんなら、なんかマンガってヒマつぶしぐらいにしかならんもんやなぁ、とか思ってたのね。


ある日、なんとなく峰なゆかさんのブログ(http://d.hatena.ne.jp/minenayuka/)を読んでたら、『潔く柔く』のオススメ、もう少し正確に言うと「いくえみ綾さんの描く女の子」について書いてあった。
『潔く柔く』っていえば、少女マンガ買いまくってる俺の親友が推してたやつだったなぁってのと、昼間にバイトしてた頃は昼休みにコンビニでcookie読んでたら確かに『潔く柔く』は面白かったなぁってのを思い出して、読んでみようと思ったの。
で、読んだのね。
アッチャー!大ショック!!

マンガごめん! なんかちょっとナメてごめん!
って思ったね。
何度目だ。っていう話だけども。

以前、『ちはやふる』を読んだときにも書いたけど(http://nightswimming.jugem.jp/?eid=159)、俺に勇気を与えるマンガ、それも「少女漫画」に分類されるようなマンガは、「人と違う」ことを怖れないよね。
「自分自身である」ことの大切さを教えてくれる、っていうか。
『潔く柔く』の「Act 5」を読んでドエラく感動した俺は、twitterにその感動を吐き出したのでした。


俺の一番好きな数字は「5」なんだけど、『潔く柔く』を全部読み終わっても、一番好きな話は「Act 5」だね。
イチエもキヨも好きすぎるー!!
イチエの鮮烈で遠すぎる片思いとか、キヨの中3で急にモテ始めて調子乗っちゃうところとか、勝手に自分と重ね合わせちゃってムキャーー!!!ってなるにょだ。

でもなぁ、ロクはあんまり好きじゃないのだなぁ。
勝手に人の気持ちを言葉にしちゃったりして、高校時代も何も見えてないくせになんとなくカワイイと思った女の子に頑張ってみたりして。
って、もしかしてこれはアレか、俺と似たところあるから嫌いなのかしら。
それは俺を過大評価か。
俺にはあんな行動力ないもんね。
後輩の家に押しかけてベッドとっちゃうところは、俺とまったく同じだけどね。
風邪ひいたときのメールの、「あ〜、もういいや、これで送っちゃえ〜、あとはあいつが判断すんだろーし、わかってもわかんなくても気にしてくれたらなんか連絡あんだろ」みたいなやり方とか、俺もよくやる気がするけどね。
でも友達とかに聞いたら、きっと俺はカジマかマヤマだろ、って言われるんだろうけどなぁ。
あぁ〜、キヨマサみたいな包容力ある男になりたいなぁ。


そういう、一人ひとりがすっごく「立ってる」からね、いろんな話ができるよね。
何年か、何十年かたってさ、俺たちの若い頃の生活ってどんなふうだったよ、って聞かれたらさ、こういうマンガを差し出せるよね。
連載が2004〜2010年でしょ。
最後は23歳になるところで終わるでしょ。
ドンピシャやん!!
バブル期のマンガとか小説とかドラマとかでさ、公衆電話使ってるところとか、なんかやったらめったら金使ってそうな店とか服とか出てくるのと同じでさ、俺らの生活もきっと将来の若い人の目には奇異にうつるような日がくるんだろうなぁ〜。
その頃には俺は結婚したりとか、海外にいたりとか、相変わらず東京で独身だったりとか、生きることがすっかり嫌になってたりとか、そもそも生きてるのかなぁ〜。
人生って、いったいなんやろなぁ〜。

みんな、俺と話そうよ!
みんなの好きなものとか、許せないこととか話そうよ!
あぁもう・・・、好き!!

広告
posted by kach 01:54comments(0)trackbacks(0)





真鍋昌平 『闇金ウシジマくん』

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
この世界は、ときに一片の救いもない荒野になる。
そこで生き抜くことのツラさから、人は道徳などの曖昧で弱々しいものにすがりがちである。
このマンガはまさに荒野そのものをポンと提示してみせる。

現代社会で生きようとするときに、「お金」の問題は絶対にさけて通れない。
権力、人格、愛、、、お金で換算できない事象はほとんどないと言ってもいい。
どんなに美しく気高い理想も、圧倒的なパワーで立ちはだかる「お金」という現実のまえにはしり込みするだろう。
泣こうがわめこうがビクともしない強大なパワーというものが、この世にはあるのだ。
それはときにとても悲しいことことかもしれないけれど。

そのような世の中で、賢くも強くも器用でもない人たちが転がりまわるさまを、崇めもせず卑下もせず、温かくも冷たくもなく、愛はあるが甘くはない視点でもってこのマンガは描いていく。
どんなに下らなくて優しくなくて汚い世の中でも、そこにただ「ある」こと、それ自体の美しさがある。
それもまた、厳然としてゆるぎない「美しさ」だ。

そうして一人の人間が、絶対に手の届かない様々なことに囲まれ、翻弄されていく姿をしっかりととらえているこのマンガはすごい。
読むと必ずヘコむけど。

広告
posted by kach 00:29comments(0)trackbacks(0)





士郎正宗 『攻殻機動隊』

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

これは、、、、、
すごいすごい。

マンガ読んじゃったら、もうアニメ見れないかも。
セカンドギグは難民がテーマらしいからいつか見るけど。

なんでこのタイミングで読んだかっていうと、『まりあ†ほりっく』読んでたら、鼎神父が出てくるところのワク外説明について「甲○機動隊か」っていうつっこみがあったから。
それ見て、攻殻のマンガ読んだことねぇよなぁと、思い起こして読み始めた。

総合的に一番面白いマンガは『風の谷のナウシカ』だと思ってたけど、これ読んだらどうだろ。
並んだかな、抜いたかな。
ま、並んだぐらいにしとこうかな。

なんというか、すごくまっとうな本格SFだよね。
「人間ってなんだ? 生命ってなんだ? 宇宙ってなんだ?」
ってことを考えて、そのたどり着いたところの表現手段としてSFが最も適していたっていう。
攻殻はマンガの形だけど、小説の形をとった多くのSFと同じフィールドにいるよなぁと思う。
とりあえず、日本のSFでは小松左京の次に面白かった。
小松左京のほうが量こなしてるから偉いってことでw

ぬぁーーー!SF書きてぇぇぇぇぇ!!!
ってことで、俺もちょっと前から考えてることあるから、これを本当に形にしたいと思う。
もういい加減に勝負しないと、誰も待ってはくれないぜ。


あ、問題のワク外の説明は、一度マンガ本編を読み終わって、二周目にワク外のこまごました文字を読みながら進むと、よりいっそう楽しめると思います。
ってそんなことはカバーにちゃんと作者が書いてるか。
気づいてなかったからなぁ、ときどき頭がストーリーと違う方向にとんでっちゃって苦労したぜ。

広告
posted by kach 21:56comments(0)trackbacks(0)