This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< 『さいはての島へ―ゲド戦記掘 | main | 『秒速5センチメートル』 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





『クラッシュ』

評価:
コメント:クラッシュ!!

『動くな、死ね、甦れ!』に勝るとも劣らない衝撃!!
正直、3回泣いた。

人間を描くというよりも人間“たち”を描く。
そういうことって俺は次に自分が撮る映画でやってみたいなぁと思っていたのだが、こんなの観ちゃったら影響受けないわけにはいかないじゃないか。
当たり前のことだけど、完全な「悪人」なんてのも「善人」なんてのもいるわけがなくて、そんな一人ひとりがぶつかり合って(crashして)分かり合えなくて。
それでもいくつかの愛のかけらを見せてくれて救われる部分はまだこの映画にはあった。
これだけの内容で、まったく飽きさせないエンターテインメント性があって、すごいなぁホントに。

監督・脚本のポール・ハギスという人は『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本も書いていて、よくもわるくも「できた」脚本を書く人だと思った。
ただ、それを見せきってしまう監督としての仕事は、王道な感じもしたけど本当にすごいと思った。
ストーリーが出来すぎだという手合いはいるかもしれないし、その指摘もわかる。
子供がどうとかいう指摘もわかる。
でも、この「できた」ストーリーで何を描くかっていえば、ストーリーの外にも広がっていく限りない人間模様なわけで、それはこのストーリーに強く特徴的なアメリカに限った話ではなく、例えば日本でも同じ問題は常に存在するわけだ。
愛とエゴと欺瞞に満ちた僕らの生活は明日もまた続く。
広告
posted by kach 21:14comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 21:14 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。