This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< 江國香織 『落下する夕方』 | main | 白石一文 『もしも、私があなただったら』 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





プレミアリーグ 第10節



チェルシー vs ブラックバーン



ほとんどひきこもり化している最近の生活の中で、食べること以外の数少ない経済的な消費活動の一つが、ケーブルテレビでスポーツや映画を見ること。
中でもお気に入りはプレミアリーグである。

何を隠そう小学生のときはサッカークラブに所属していた俺である。
Jリーグ開幕が93年のことで、当時5歳だった俺は、他の多くの子供たちと同様に、サッカーにすっかりハマりこんだものである。
中学では野球部で、高校ではラグビー部であるから、こうしてみるとバリバリの体育系なのだな。



ヨーロッパサッカーはどこも面白いけど、やっぱりプレミアが一番好き。
先週のバレンシア対バルセロナのゲームなんかを見ると、リーガもすげぇなと思うが、全体の面白さはやっぱりプレミア。
チャンピオンリーグの成績を見てもその強さはわかるが、やっぱり見てて面白いし、レベルが高いと思うな。
それにイングランドのあの雰囲気が好き。
俺は一応アーセナルファンであるが、今年はなんといってもチェルシーだろう。
とにかく美しいサッカーをしている。


Gk  チェフ
CB  テリー
CB  カルバーリョ
LSB アシュリー・コール
RSB ボシングワ
DMF エッシェン
CMF バラック (デコ)
CMF ランパード (マルーダ)
OMF ジョー・コール (ランパード)
FW  アネルカ
FW  ドログバ


と、こうメンバーを並べてみただけで嬉しくなるようなチームである。(表記のしかたにウイイレの影響が如実に出てるのが悲しい)
これに加えて、ディフェンス陣にアレックス、イヴァノヴィッチ、フェレイラ、ベレッチ(オフェンスもやる)がいて、中盤から前にはミケルやサルモン・カルーがいる。
今のラグビーでいうところの、南アフリカ代表みたいなチームだな。



で、前節のブラックバーン戦は、まるっきり段違いの完勝。
俺のお気に入りはなんといってもエッシェンで、プレーを見ているだけで幸せな気持ちになる。
言わずもがなのフィジカルに、スピードもしっかりあるし、全体のバランスを見ながらの位置取りやパスワーク、スペースの埋め方、作り方、使い方、もうどれをとっても美しすぎる。
こんな選手が一人いるだけで、監督はとってもありがたいだろうなと思う。

似合わないヘッドキャップが悲しいチェフ。
いかにもなイングランドのオヤジ、テリー。
どこにいても落ち着きがなくてすわりが悪いが、やることはきっちりやるカルバーリョ。
世界中でトップレベルの選手が目白押しの左サイドバックでも、心から世界最高と称えたいアシュリー・コール。
眉毛のつながった地味な顔ながら、スピード感あふれて意外と華やかなボシングワ。
特に何もしないけど、押さえるとこは押さえて存在感ばっかりあるとこが憎いバラック。
言葉はいらないランパード。
で、ジョー・コールが戻ってきて。
顔から髭からランニングの姿勢から、もう全部がかっこいいアネルカ。
車にひかれても健康そうなくせにすぐに痛がって駄々こねて、なんやねんこいつと思った瞬間に点とってるドログバ。

あれ、俺はアーセナルファンなんだけどなぁ、こんなやつら放っとけないよなぁ。
どうしても嬉しくなりながら見ちゃうのであります。



ブラックバーン戦見てて思ったこと。

・なんか今年のチェフおかしくない?

・ジョー・コールは全然まだ本調子じゃない。

・アンチェロッティ来てから、ドログバすっげぇイイヤツになった。

・イヴァノヴィッチ固いなぁ。

・ディウフってもっと面白い選手だった気がする。




ついでにリヴァプール対ユナイテッド見て思ったこと。

・ベナユン大好き。去年のイニエスタなみに上手い。

・ヴィディッチとベルバトフがスーツ着て並ぶと東欧系ギャングにしか見えない。

・いつまでたってもオシェイとキャリックとフレッチャーの見分けがつかない。




サッカーのこととかアニメのこととか、今まで書いてなかった俺の生活にあるいろいろなことについて、これから書いていこうと思った。
目指すは毎日更新。



広告
posted by kach 14:07comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 14:07 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。