This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< 22歳 | main | エヴァートン対シティ >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





I'm Searching for a Real Love!!

JUGEMテーマ:日記・一般
 

ボルトン対アーセナルを見た。
まぁJSPORTSのプレミア中継は毎週ほとんど見てるんだけど。
やっぱりアーセナル好きだーー。
ユニホームかっこいいしね。
昔から、赤いユニホームのチームばっかり好きになる。
アントラーズ、カープ、クルセイダーズ。
でもユナイテッドは嫌い。
これはたぶんファーガソンとベンゲルの差じゃないかと思う。
ベンゲル好き、ファーガソン嫌い。

ていうか、俺たちの世代って、アーセナルが無敗優勝したときのことをバッチリ覚えてるから、そりゃあファンになっちゃうよなぁ。
キャンベル、アシュリー・コール、ヴィエラ、ピレス、リュングベリ、ベルカンプ、アンリ、、、
かっこよすぎる!!


今のチームはセスクの背負う比重が大きすぎる気がするけどね。
今年のファン・ペルシーはすごかったのになぁ、長期離脱は残念。
ベントナー、ヴェラ、ウィルシャー、メリダ、ギブス、トラオレ、この辺の若者軍団はまだまだ中途半端なプレーするから見てて怖い。
初めて見たイーストモンド含めて、今日はみんな良かったけど。
あ、トラオレはイ・チョンヨンにいいようにあしらわれてたかw
ラムジーは別格で、ウォルコットは経験あるからけっこう安心できる。


ディアビは平気な顔でいい加減なパスとかドリブルをぽーんってしてボール取られるし、デニウソンもなんかちぢこまってるときがあるし、中盤で今年一番見てて楽しいのはソングだな。
前線では、ロシツキーはさすがにワクワクさせてくれる。
アルシャビンはスター性出てきたし、エドゥアルドはときどきビッグチャンス決めないけど渋くてかっこいい。
ナスリはときどきセスクと間違えるぐらい素敵な動きをしてる。

守備陣だと、フェルマーレンは文句なくかっこいいね。若いし。
今日のフリーキックの落ちぐあいにはビビったわ。
エブエとギャラスのお笑いコンビは相変わらず面白いし、顔だけならサニャも面白いけどプレーはそつがないね。
アルムニアは今年やる気なさすぎ。
あー、ねみぃー、みたいな感じでずっとやってるよね。
それで上手いなら問題ないけど、セーブもフィードも味方を困らせるようなことするし。
で、なんとキャンベルが復帰だとさ。
四部のチームにいたらしいけど、さすがにそれじゃ我慢できないでしょ。
ヴィエラもシティ入団だとかなんだとか。


でもいつも不思議なんだけど、なんで同じチームの選手って同じような雰囲気持ってるんだろうね。
一緒に生活してる中でそうなるのかな。
それとも首脳陣の人間性とか趣味が反映されるのかな。
ヴェラとメリダとセスクとエドゥアルドは同じ床屋で髪切ってんじゃないのか。
あとウォルコットとイーストモンドとクリシーも。(これはただの坊主か)

ボルトンは悪ガキがそのまま大人になりました、みたいな選手がいっぱいいるし。
ナイト、ロビンソン、デイヴィスなどなど。

何度も言うけど、オシェイとフレッチャーとキャリックのどれがどれだかわかんなくなるっつーの!
ラファエルとファビオも!
あ、これは双子だな。



話はガラリと変わって、最近Mary J. Bligeの"Real Love"に激ハマり中。
かっこよすぎじゃね?!!
今の俺の気分にピッタリやぁーー。
そしてこの期間(新しい何かをサーチング中)が、恋愛においても、人生のいろんなことにおいても、一番輝いて面白いんだろうと思う。
オザケンと岡村靖幸が好きな人にはぜひ聞いてほしい!
ってもう聞いてるか。
やっぱソウルミュージックは最高に祝福を与えてくれるよぉーー。
スピードの元ネタみたいな感じなのかなぁと思って、スピードをちゃんと聞いてみようと思いました。
これも思いっきり世代やきに!!


広告
posted by kach 04:26comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 04:26 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。