This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< 木田元 『反哲学入門』 | main | 2011岡村靖幸LIVE『エチケット』ツアーファイナル @SHIBUYA-AX >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





白石一文 『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』

JUGEMテーマ:読書

 
まるで何かから逃げるかのように本を読んでおります。
しかし、読書自体はとても充実している。


今日、H.I.S.に行ってみたら、成田からオークランドの狙っていた航空券(しめて¥63440ナリ)が、売り切れてとれなかった。
次に安いチケットはというと、しめて¥115140ナリということで、5万円も高くなる。
5万円かぁーーーー
イヤなところを突いてくる。
3万円なら買ってもいいかなって思えるし、10万円ならあきらめようかなって思える。

円高っていうけど、円が上がっていることは間違いないけど、それ以上にドルが下がっているだけ、という気もする。
ニュージーランドドルに対して、米ドルと対したときほど円が強くなっているわけではない。
それに、俺が以前ニューヨークに行ったときはサーチャージ代がタダだったもんなぁ。
あのときは恵まれてたんだなぁ。

全部合わせたら、おおよそ20万円ってとこかなぁ。
20万円かぁーーーー


8月、短期のバイトを10日ちょっとすれば、10万円ぐらいは稼げるんだろうけど、どうなんでしょう。
ここで貯金を使い切ってしまうと、おそらく就活で必要になってくるであろう経費がまかなえない。
しかしまぁそういう理由で、本当に望む何かをあきらめるなんてことは、俺の場合はありえないので心配ないんだけど。
本当にやりたいことだけをやる、それ以外はなるべくやらない、ってのが俺の今の人生観だからね。

ただ、一方で、それにこだわるあまりに無理をするっていうのも禁物だと思ってる。
無理をすると、必ずどこかに副作用が出る。
ましてや、今の俺には大切なものがすであるのだから。

慎重に、自分の心と相談しながら、俺の行動によってこの世に現れるかすかな兆しに感覚をとがらせながら。
そうまでして慎重にやっていても、慈悲もなく何もかもが裏切る瞬間はありうるものだと知っているけど。
それでも、人間にできることがあれば、耳をすますことを怠りたくはない。
こんな怠惰な生活しといて、よくもこんなに偉そうなことが言えるもんだと、自分でも思える。



白石一文っていう作家も、そんな俺と似たところがあると思う。
本人は本当に心のそこから真摯に誠実に考えてるつもりなんだろうけど、なんか大事なものが抜け落ちてるんじゃないかと疑わせるような。
しかしそれでも、本人としてはそうして精一杯のことをするしかないのだから、それを徹底的に頑張るしかない。
白石一文の、その‘止まらない’感じが俺はとても大好きだ。
自分のことをどれだけ疑っていても、どこかで自分にできることをやるしかないんだと覚悟を決めるしかないときはある。
作品を仕上げる、というのもそんな作業だと思う。


この講談社の100周年書き下ろしシリーズは、けっこう俺も楽しませてもらってる。
そこに白石一文が寄せたコメントがすごい。
「『百年残る小説』――だったら、いまの日本の作家でそういう作品を書くことができるのは、まさしくこの僕であるにちがいない。本気で思ったのです。」

この人は、絶対に本気でこれを言っている。
そういう人なのだ。
どこかがぶっ壊れていようとも、自分はこれで行けるとこまで行くしかない。
その自己肯定の力強さを、俺は魅力的だと思う。
このおかしな装丁も、それに合わせて魅力的だと思う。

この小説が「百年残る小説」かどうかは措くとして、現代という時代をとても反映した小説だというのは間違いないと思う。
別に、格差問題を取りあげているところが、とか、新自由主義への反発が、とか、そういうことではない。
そういう、なんらかの問題と対峙したときの、主人公の態度がとても現代的だと思うのだ。
社会とか、政権とか、制度とか、そういう何かを変えようと大仰に構えるのではなくて、何かを変えるのならまずは自分の生活から、という態度がとても現代的だと思うのだ。
それはとても謙虚だがラディカルで、カッコよくも誰にもほめてももらえない以上、難しいことでもあると思う。
そして、現代の、何かを変えたいという希望を誠実に考えつづける人は、それをやっていると思うのだ。
自分を肯定しながら、変わりつづけることをまったく恐れない。


そしてこの小説で出される結論も、今の俺の生き方ととても近いものだ。
もしかしてこのブログを見ながら俺の変化を追っているという稀有な人がいれば、今の俺の生き方がどのようなエッセンスによって成り立っているかに気づいてもらえるはずだ。
たとえば、真木悠介の『時間の比較社会学』のこととか。
そういう、似たようなエッセンスで成り立っている、この小説の主人公は現代的だと思うのだ。
俺が現代的であるように。



それで、俺はどうするのだろう。

無理をすれば、いろんなことがわりと上手く流れている今の生活を乱してしまうかもしれない。
最も大切なものを、自らの手で叩き壊すことになるかもしれない。

何事も持続することはありえない以上、変化には自ら赴くほうが望ましい態度だ。
それは確かではあるが、赴く方向はこれでいいのか。
それは、俺の望みだと見えているそれは、何かから逃げ出したいという俺の無意識の表出ではあるまいか。
真に抱きしめるべき俺の願いとは、どれだ。



Wish, be there, 流転と調和





ところで、この小説において、不本意に刑務所暮らしを体験したり、知的障害のある息子を抱えることによって、思想や心根の転換をする人が何人かいる。
それまで全然触れていなかったものや、なんとなく受け流していたものに、初めて向き合うことによって、それまでまったく理解できないものだと思っていたものが、違って見える。
そういうことはあるだろう。
たとえば、最近起こったできごとで言えば、震災後の福島原発を見ることによって、それまで原発反対の声明を単なる騒音としか認識していなかったような人たちの中に、その主張に真摯なものが含まれていることに気づいた人もいる、というように。


一方で、それだけでは解決できない問題もある。
アモス・オズが指摘していたのは、パレスチナ問題について、ヨーロッパの人びとはそれを単なる誤解の産物だと思い込んでいる節がある、ということだ。
パレスチナ人とイスラエル人が同じテーブルを囲んでコーヒーを一緒に飲めば解決する、とでも言いたげに。
しかし、パレスチナ人とイスラエル人のあいだにそのような誤解などない、とオズは言う。
パレスチナ問題とは、双方がその問題についてのお互いの主張を完璧に理解したうえで、それでも解決できないような問題なのだ、と。
パレスチナ人にとってその土地がどのような意味を持つか、イスラエル人にとってその土地がどのような意味を持つか、それをお互いに完璧に理解し合った上でも、どちらも相手の権利を全面的に認めることはできない。


そのような問題に立ち会ったとき、我々はどうするだろうか。
そこで求められるものこそ、政治だろうと思う。
生活態度の改善だけでは解決できない問題もあるのだ、と、なんとなく思う。




広告
posted by kach 23:11comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 23:11 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。