This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< "Two Faces" Bruce Springsteen | main | 『Wrecking Ball』 Bruce Springsteen 発売初夜の想い >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





俺の生きているところ


JUGEMテーマ:日記・一般

 

実習の同期の女の子の家で鍋をした。
男1人、女2人。
俺は24歳、2人はそれぞれ21歳と二十歳。
12月に、11月に、1月に、3人はそれぞれ恋人と別れた。


俺の提案のもとに出汁をとってキムチの素を入れて作ったキムチ鍋は、出来合いの鍋の素を使った前回よりもずっと美味しくできた。
俺が嫌がるので今までならまずありえなかった、テレビをつけながら会話をするという状況は、なじんでしまえば調和して自然な居心地をつくりだした。

今日のうちに言っておきたいことを持っていたとしても、言えるうちに早く言おうと焦るのではなく、待っていればいつか自然な糸口を見つけられるものだし、そのようなときに切り出したほうが上手くしゃべって伝えられる。
数時間をかけて、いろんな話題と空気を通り過ぎたあとでも、なお糸口を見つけられなかったのならば、それは言うべきことではないのかもしれないし、少なくとも今日のところ縁は無いということだ。
お互いの間合いを崩さず、かといって退屈ではなく愉快に。
この瞬間を最も誠実に、大切に過ごすこととは、相手と場を尊重し、場を自分の理想形へと無理に近づけようとしないことだろうか。
自分を最も的確に伝えることとは、自分の理想形で語ることではなく、自分の伝えたいことと相手の耳の両方に合わせて言葉と語り方を選び、場が変われば切り口も対応して変えられるような幅と深みを持つことだろうか。
成熟とは、きっとこういうことだ。
大丈夫、俺の体はきっと成熟に拒否反応を示さない。


3人にはそれぞれの関係があり、状況があり、思いがある。
もともとそれほど大差ない人間の個体同士で、同じ時代の同じ年頃の同じ土地の同じ学校社会に属し同じ実習を履修している3人が、微妙な差異を語り合って微妙な差異だけが重大事で。
いつまでもいつまでも、未分化と分化の合間で、小さな重大事にアタマを悩ませて、それは愉快なことだと笑いたい。
倦んでしまえばいつでも、見下してしまえばいつでも、迷ってしまえばいつでも、小さな重大事のあまりの軽さ(小ささ)にもあまりの重さ(大きさ)にも耐えられないような気持ちになってしまうから。



いつしかこたつで眠りに落ちた家主に別れをつげて、駅までの歩き道と電車の一駅だけを2人で帰った。
駅の券売機で俺が切符を買い、ふりかえると彼女は前方の一点を見つめて凝固していた。
「なんだよ?w」と、何事も喜劇的に受け止めてまずはシリアスを回避できる、あのトーンで俺は声をかけた。
まさにその声の途中で、彼女は近づいてくる茶髪の男の子に「あぁ」みたいな微妙な声をかけ、向こうも「おぅ」みたいな微妙な声を返した。
ヘンな間合いで声をかけてしまった俺は「なんだ知り合いかw」と、振り向いた直後のことだったから場をつかみあぐねていたのだということを、2人のどちらにも聞こえる調子でアピールした。
時計にとってはとても短く微小で、3人にとっては長くて何か重大な、一瞬が過ぎ、男の子は歩き去った。
彼女はいつもの明るさで「ああぁぁあ、あ」みたいな微妙なことを言い、その男の子が今日も何度か話題に出ていた元カレであることを俺に知らせた。


彼女は二人が別れてからこのところのお互いの関係や状況を話し、俺は「こういう(めったに来ない駅でドンピシャで遭遇するという)ほとんどあり得ないようなことこそ、えてして起こるものです。不思議だね」と、特に面白くもつまらなくもない真実をつぶやきながら聞いていた。
その二人のかつての恋人関係の中では、基本的には彼女が好かれて、最後も彼女がフった。
だからといって、それはきっと、今日のような出来事に彼女として特に感じることも多くない、ということを意味しないだろう。
彼女が語った近況の細かいことはここに書かないが、1駅だけ乗り合わせる電車の中で彼女が簡単に言ったこと。
「どうせいつか終わるなら、わざわざやらなくてもいいんじゃないかって思う」。
どうしてこの言葉だけはクリアに覚えているかというと、この後の俺の返答が微妙に合っていなかったような気がしたからだ。
俺がその言葉を受け止めそこねていたのではないかということが微妙に感じられた。
その日は就活の話題もたくさん出ていた、ということを踏まえたうえで、俺の言ったこと。
「そこがキャリア的思考のむなしさだよね。ある期間に生じたできごとが、その後のある時点でなんらかの成果を残していないからといって、それが意味のないことであったというのはむなしい。ある瞬間に自分の望むこと、楽しいことに取り組めたのなら、それはそれで全てだ」。
彼女は、「うん、そうなんだけどねぇ」などとあいまいに言いながら、今の状況のどんなところでどんな思いを抱くか、それがどんなふうに自分の器量の小ささを感じさせるか、ということについて語った。
そのまますぐに彼女は電車を降りていったのだけど、どうもこの最後のところは、どこか少しズレたままだったように思う。


1人になった俺は、いい気分でいたくて、iPodを取り出した。
恋人と別れた後輩のためにかつてつくった、別れの歌ばかりを集めた「for O」というプレイリストを再生した。
酔いにまかせて散漫な気持ちのままに聞き流しながら電車を降り、駅から歩いていたとき、ヘッドフォンから流れていたのは中森明菜の「約束」だった。
その、結末のワンフレーズ。

  いつかどこかで すれ違っても
  知らないふりして通り過ぎる
  約束を交わしたとたん
  涙がひと粒 ぽつんと落ちて
  アドレス帳の 名前消したの


この歌を聞いたときの、どうしようもない気持ち。
手も足も出ない厳然たる事実という意味で、まさにどうしようもないというあの気持ちが、また俺にその事実を確認させた。
何もかも、終わるのだ。
心から笑ったあの瞬間。
ただ見つめること以外にするべきことなどなかった自分。
近くにいるだけで自然と光に照らされた二人。
他のなによりも大切なものを見つけたと確信していたあの日々。
すべてがそこにあった、まさにそれ。
それを知っているのはこの世で二人だけなのに、その二人がもう永遠に目を合わせることもない。
自然にそうなるのみならず、はからず近くに居合わせてもつとめて離れるように約束をするなんて。
二度と、本当に二度と、それを見ることは永遠にない。


よく知った事実のはずなのに、ともすると忘れがちな俺。
何もかも、終わるのだ。
もしかしてあのとき、彼女はそういうことを言っていたのかもしれない。
それを俺はノーテンキに、目的論的に人生を解釈するのは退屈だよ、という講釈を振り回してしまったのかもしれない。
ちょっとズレていたような気がした、あの空気は、その受け取りそこないから生じていたのかもしれない。
あまつさえ、「それは乗り越えないと」というようなことすら言った気がする。
「俺はもう、ありがとうって思うだけだよ」と。
「乗り越える」という表現はおかしいとしても、それはそうなんだけど、そんなふうに言えるのか、俺は。

でも、どうすればよかったのだろう。
ただ、ふんわりと「そうだね」と、俺もそのことはよくわかっているし、誰もがきっとそうさ、と。
『霧の中の風景』のあのセリフのように、「みんなそうなんだ」と。
何も言っていないけれど、とにかく何かを共有していることだけは伝わる、そういうことでよかったんだろうか。
彼女は必要以上にシリアスだったり叙情的だったり悲劇的なものを求める人では全然ないので、まぁふんわりと「うん」と。
実際の俺の返答にしても、結局はどんな返答とも大差なく心地よく無意味で、彼女も俺も気にしないままにそれですべてよかったんだろう。
ただ、俺がいつまでもそれが終わって欲しくないぐらい、今日を楽しんだというだけで。
結局、えらそうに言ってるくせに、胸痛めてるのだ、俺は。
こんなに素晴らしい日々がいつか終わるということに、逆らいたいのだ。
満ちて張りつめた幸福は、いくらかの恐怖と痛みを含む。



今日のすべてが、楽しくて、好きで。
もうすぐ春になることすら、疎ましい。

家主がこたつで眠りに落ちて、彼女はトイレに立った。
テレビが鳴るなか、俺は静かに虚空を見つめていた。
女の部屋で女2人と鍋を囲み、1人は眠り、1人はトイレとは、なんだか貴重だなぁ。
とりとめもないながらそんなことを考えていたとき、家主が長く安定した屁をこいた。
あぁ、こういうところで俺は生きてるな、と納得した。














広告
posted by kach 03:19comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 03:19 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。