This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< ソウルをうたう | main | My Heart Says So >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





"When You're Alone" Bruce Springsteen

JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳


二つ前の記事のつづきから始める。
『クローズド・ノート』舞台挨拶での沢尻エリカの態度についての記事のつづきから。



「私を大切にあつかってください」アピールと「私はあなたを大切にします」アピールについて書いた。
これらの相互作用は、いったいどのような心理にもとづくものだろうか。

まるで約束事にもとづいているかのように記述すると、それはひどく打算的である。
「俺は君のことや君の大切なものについて蔑んだり壊したりすることはしないので、君のほうとしても俺のことや俺の大切なものについては手出し無用でお願いします」
お互いがお互いを卑下し合わないための、等価の取り引き。
傷つくことを恐れるあまりの、傷つけ傷つけられることを先回りして回避するための方途。
それ自体が卑小で弱りきっていて、現代日本での人と人とののかかわりがすべてそのようなものでしかないとしたら、そこに生きる俺としてはそんなものをぶち壊してまわるのにやぶさかでない。

しかし一方で、礼儀や礼節、すじや仁義、仲間や友情というものを、俺は必要なものであると同時に好ましいものだと感じる。
「打算的な取り引き」と「合意にもとづく礼儀」を分かつものとはなんだろうか。


「打算的な取り引き」の根底にあるのは、自分の持ち物(property)には他人に手を触れて欲しくないという潔癖感である。
他方、「合意にもとづく礼儀」の根底にあるのは、自分の持ち物(property)などこの世にはほとんど無いという孤独感である。
持ち物(property)とは、具体的な所有物(その始原は身体である)はもちろん、職業、技能、地位、趣味・嗜好、個性、オリジナリティ、同一性、哲学、価値観、世界観など、「個人」に付随しそれを形づくるものすべてである。
「打算的な取り引き」を求めざるを得ない心とは、自分の獲得したものを失わないように守るのに汲々としているのである。
「合意にもとづく礼儀」を尊ぶ心とは、お互いが自分と相手を同じぐらい尊重しているということ(つまりウラを返せば同じぐらい尊重していないということでもあるが)を悟り合っていることにもとづいているのである。
お互いに、どうせ大したものを持っているわけではないのだから。


それで、愛を実現するのは難しいのである。
というのは、誰かの幸福を心の底から願ったとしても、現実的にできることといえば持ち物をすべてあげることぐらいなのだが、その人が幸福であるかどうかは持ち物とはあまり関係ないのだから。
あとは、どうかその人が幸福であるようにと祈ることぐらいしか残されていない。
しかし、だからこそ、誰かが自分の幸福を全身全霊で祈っているということよりも勇気づけられることはおおよそ他にない。
愛とはそのぐらいのものだが、それでもときに人を支えるほど充分に強い。



沢尻エリカが「別に」と言い捨てたあと、彼女にかけられた声には二つの種類があっただろう。
その二つは、一見したところ互いによく似ていて、内容としてはほとんど同じなのである。
つまり、内容としては、「あんなことすべきではなかったし、これからは謙虚にふるまいなさい」と。
一つは、自分の持ち物を守ることに汲々とした、ヒステリックな金切り声である。
「私が普段からつくりたくもない笑顔をつくり下げたくもない頭を下げているのに、あんなに粗暴にふるまう小娘が大手を振って表通りを歩ける世の中であっていいはずがない」と。
もう一つは、持ち物を数えることをとうにやめている、聞く人をも落ち着かせるような沈着な声である。
「この映画を気に入ろうと入るまいと、あなたがいつか素晴らしい作品をつくりたいと願うのならば同僚や仕事相手を大切にしなさい。自分自身を大切にする方法とはただそれだけです」と。

前者のヒステリックな声は、世界を語っているようでいて自分の固定観念を語っているだけである。
つまり、世界が自分の考えたものと一致していないという事実に耐えられないのだ。
このような思考法は支配欲とたやすく結びつき、世界を自分の考えるものへと変革しようとする。
後者の沈着な声は、世界をどのようなものであるとしても固定的に捉えていない。
世界はこういうものであると沢尻に伝えようとしているのではなく、世界がどのようなものであるか自分で考えよと促しているのだ。
ただし、そこで同時に語られているのは「自分で」考えることの困難さである。



礼儀を本当に大切にするすべての人は、自分と他人をわかつ絶対的な空隙を知っている。
同時に、自分というものが流れの中の相のようなものにすぎないということを知っている。
そのような交わることのない、かつ固定的でない、人と人が交流をはかるためにはなんらかの様式に依るしかないのだ。
礼儀とは、その様式の一形態である。
そして誰とどんな交流をはかろうとも、孤独に注目すればいつまでも孤独なのだし、身につけたものが消えるときにはあっという間に消えるのである。





When you're alone
Bruce Springsteen



Times were tough love was not enough
時は厳しく 愛は足りなかった

So you said sorry Johnny I'm gone gone gone
お前は言った ごめんなさいジョニー 私は行ってしまうことにする

You said my act was funny
俺のやることはおかしいとお前は言った

But we both knew what was missing honey
でも 何が欠けているのか二人とも気づいていた

So you lit out on your own
そしてお前は一人きりで立ち去った

Now that pretty form that you've got baby
お前は品のいい振る舞いを身につけてるから

Will make sure you get along
きっと上手くやっていけるさ

But you're gonna find out some day honey
でもいつの日か気づくかもしれない ハニー



When you're alone you're alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりだ

When you're alone you're alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりだ

When you're alone you're alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりだ

When you're alone you ain't nothing but alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりでしかありえない



Now I was young and pretty on the mean streets of the city
街の容赦ない通りで 俺は若くて気取っていた

And I fought to make 'em my home
俺はそんな通りをホームにしようと戦った

With just the shirt on my back I left and swore I'd never look back
シャツだけを身にまとって俺は旅立ち 二度と振り返らないと誓った

And man I was gone gone gone
そして俺は去ってしまったんだ

But there's things that'll knock you down you don't even see coming
でも人を打ちのめしてしまうものがある 危険を察知する間も無いうちに

And send you crawling like a baby back home
そしてホームまでお前を赤ちゃんみたいに這って帰らせる

You're gonna find out that day sugar
そんな日に お前は気づくだろう シュガー



When you're alone you're alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりだ

When you're alone you're alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりだ

When you're alone you're alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりだ

When you're alone you ain't nothing but alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりでしかありえない



I knew some day your runnin' would be through
俺はわかっていた いつの日かお前は走りぬけ

And you'd think back on me and you
俺とお前のことをふたたび考え始めると

And your love would be strong
そしてお前の愛は強くなるだろうことを

You'd forget all about the bad
お前は悪いことについてみんな忘れちまって

and think only of all the laughs that we had
俺たちのすべての笑い声だけについて考えるだろう

And you'd wanna come home
そしてホームに帰りたくなるだろう

Now it ain't hard feelings or nothin' sugar
辛い気持ちでもなければ 何も無いってわけでもない

That ain't what's got me singing this song
それが俺にこの歌をうたわせてるわけでもない

It's just nobody knows honey where love goes
愛がどこに向かうのか 誰も知らないだけなんだ ハニー

But when it goes it's gone gone
でもそれが去るときには すっかり去っちまうのさ



When you're alone you're alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりだ

When you're alone you're alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりだ

When you're alone you're alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりだ

When you're alone you ain't nothing but alone
お前が一人きりのときには お前は一人きりでしかありえない











広告
posted by kach 01:02comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 01:02 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://nightswimming.jugem.jp/trackback/254