This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< Summer Sonic 2012 ; Day 1 (18th, August) | main | 今日という日の立ち回り >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





希少性


美人は注目を受けることに慣れているので、注目を受けながらも気づいてないかのように振る舞い、その状況を楽しむことができる。
なかでも生粋の美人は注目を受けることに飽き飽きしているので、注目を受けると目を伏せて拒絶する。

生粋の美人でありながら、注目を受けることにいつまでも決して飽きることのない人は?
乾くことのない虚栄心の持ち主なのだとしたら、誰からも敬意を払われるべきビッチになれる。
いつまでも世事に心を煩わされることのない少女のままでいられる人なのだとしたら、この世の人々のやり取りのなかでもっとも高貴な一群に属することになる。

そういう高貴な美人は、慨してひどく少数なので、この世に芸術が生まれることになる。
この世のすべての人間が貴族になることは決してなく(美人に注目する目の数もまた限られている)、芸術家は貴族に仕えるということと、同じ構図である。
もちろん、自らが仕える貴族をある程度選ぶ芸術家はいるかもしれないが。

人間は糊口をしのがなくてはならない。
芸術家はインスピレーションを見つけなければならない。
そして、この世の資源は限られている。

もしこの世が人畜無害で理想的な味と栄養の食物で満ち溢れていたとしたら?
もしこの世の誰もが究極の異性を手に入れることができるとしたら?
そこに生物はいないだろう。

広告
posted by kach 19:06comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 19:06 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。