This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< Float On | main | 傷つきやすく傷つけやすい僕らが学びつつあるいくつかのこと1 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





リバウドの引退



Goal.comというサイトで、元ブラジル代表のリバウドの引退記事を見た。
特に大ファンというわけではなかったけれど、かつて世界最高の選手だったという記憶は、確かに俺の中に残っている。
その引退に際しての、インスタグラムでの本人のコメントが印象的だったので、引用する。


「根気と熱心な姿勢と、そして何よりも神様の力のおかげで、世界で最高の選手とまで見なされるようになり、世界王者になることができた。
ほかにもサッカーの歴史の中で多くの重要なタイトルを手にすることができた。
何もかもが消費されてしまうばかりの国に、一つの例として、信じることと戦うことには意味があるのだという確かな証拠を残すことができる」



俺はブラジルのことをよく知らない。
しかし、ブラジル国民はなんとなく、人生を楽しむ方法を知っているという印象がある。

アマゾン川流域の工業開発に対して、「人間がもう少し賢ければ、こうはならないはずだ」と嘆く地域住民の声を読んだことがあるからかもしれない。
ワールドカップが間近になっているにもかかわらず、遅々として進まないスタジアム建設のニュースに触れたことがあるからかもしれない。

しかし、ブラジルにも着々と、人生を退屈で怠惰なものにしかねない、消費という麻薬が回ってきているらしい。
リバウドのコメントから、それを読み取る。
人生についてよく知っているらしい文脈の中で発せられた意見だからこそ、俺はそれを一つの無視できない検討すべき材料として、採用しようと思う。

リバウドのシュートは、キックのインパクトをボールに伝えるのにもっともふさわしい正確な一点を、芸術的と表現するのにふさわしいほど的確にとらえていた。
その結果、リバウドのシュートは我々の常識的感覚を越えて、不思議に思えるほど力を失わないまま遠くまで真っ直ぐ飛んだ。
ある道を極めた者が、その道を退いた。
そんなニュースだった。


広告
posted by kach 21:00comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 21:00 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。