This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< 東京現在地 (「思いがけないほどの好天・経済観測編」) | main | いつまでも未熟な文章 (「思いがけないほどの好天・現代生活批評編」) >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





久しぶりのラグビー

JUGEMテーマ:ラグビー


http://rugby-rp.com/news.asp?idx=106662&code_s=1000


 
実家に姉が帰ってきているので、また甥っこに会いに行った。
赤ん坊と触れ合っている時間は、何をしているわけでもないのに、不思議に濃密だ。
人見知りをするようになった彼が、半日をおいて俺に慣れてくれたあと、二人で寝っころがりながら遊ぶ。
俺は母や姉のように、赤ん坊に向けて明るくはしゃいでやるということができないから、赤ん坊の面白がりそうなことや動きをいろいろ考えてみせてやる。
相手の反応を見て、探りながら。
母や姉とは違った感触で、楽しんでくれていたなら嬉しい。
世の中にはいろんなタイプの人間がいるのだと、少しでも見聞が広がっていれば嬉しい。



実家にはケーブルテレビがあるので、久しぶりにスポーツをたくさん見た。
この季節、ヨーロッパサッカーがあって、ラグビーのテストマッチがあって、メジャーリーグのポストシーズンがあって、スポーツ観戦的にはとても好きな季節である。
グランツールのハイライトも見た。

昨夜のラグビーチャンピオンシップ、どちらも熱い試合だった。
二つの試合を見てつくづく思ったことは、内容よりも結果が重要だということ。
アルゼンチンも南アフリカも、相手を明らかに上回っての勝利という内容ではないが、勝利という結果が何よりも重要なのだ。
それは、試合終了の瞬間を見ればわかる。
その瞬間の点差がすべてなのである。
アルゼンチンの大会史上初勝利。
ニュージーランドの連続不敗記録ストップ。
どちらも、点差以外の何ものにも左右されない。
そして、その事実のために、ラグビーの、スポーツのすべてはあるのだ。

甥っ子をあやしながらのぼんやりとした観戦でしかなかったが、久しぶりに見たラグビーは以前と少し変わっていた。
まず、ブレイクダウンでのルールの適用基準が変わっていたと思う。
攻撃側にいっそう有利な適用になっていて、球出しのリスクが減った分、フェイズの数が増えていると思った。
それに伴って、アタックの組み立ては連続攻撃を前提としたものになっていて、俺がプレーしていたころにアタマを絞っていた、一度のラインアタックでブレイクするような約束されたサインプレーというものが減ったように感じる。
組み立ての考え方としては、一つずつポイントをつくって、局面ごとの判断で崩していくような、セブンスの考え方に近くなっているのだろう。
ただし、攻撃側が孤立した局面では、一貫してターンオーバーのジャッジが下されていたとも思う。
レフェリングの基準が明確になっていて、いいと思う。

また、ビデオ判定の適用範囲が大きく広がっていることにも驚いた。
以前は得点に直接かかわるプレーのみに限定されていたが、今は危険プレーや脳震盪の可能性の確認にも適用されているようだ。
南アフリカの勝利を決めた逆転PGは、まさにそのビデオ判定によってもたらされたものだった。

オールブラックスとスプリングボクスには、歴戦の勇士たちがたくさん参戦していることが嬉しかった。
リッチー・マコウ、ケヴィン・メアラム、ヴィクター・マットフィールド、バッキース・ボタ。
俺が初めて海外ラグビーを見た2003年から最前線で活躍している男たちが、今も世界の最もタフな戦いで先陣をきっている。
そしてスカルク・バーガーである。
彼のような選手はまったく他に類を見ない。
荒々しいのに安定している。
暴れん坊なのに謙虚だ。
今やプロ化されたラグビーというスポーツの、アスリートというイメージにふさわしくない。
農夫がそのままグラウンドに立ったような出で立ちで、プレースタイルも粗野なのに、それでいて超一流なのだ。
首を折っても難病を患っても、当たり前のように不屈で、悲壮感も感じさせない。
ものさしが通用しない個性というものが、彼にはある。
一流もあそこまでいくと、もはや超一流というよりも、単に常識はずれなのである。
よい子は真似をしてはいけません。
そんなこと言ったって、もはや釘付けなんでしょうけど。

 
広告
posted by kach 16:35comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 16:35 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。