This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< (現状は)そのとおりだと思う。しかし(もしも)… | main | 『世界の誕生日』 アーシュラ・K・ル=グウィン >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





ガラスボウルのなかのセックス


「聞いて。ルイース、あなたは自由よ」

「きみはぼくを自由にできない」とルイースは言った。


私はあなたによって縛られ、閉じ込められている。
あなたは私を縛る気も閉じ込める気もないのもわかっている。
だから、仮にあなたが私を解放しようと努めてくれたとしても、それによって私が自由になることはない。
私を縛っているのはあなただけれど、私を自由にできるのはあなたではない。


「そうだ。ぼくは自由だ。ふたりとも自由だ」


論理的には自由だけれど、しかし現実的にはそうではない。
もしもそこから開放される未来を探すなら、詩的な思考が求められる。
なぜなら、おそらく私が次に自由になる時は、あなたから開放される時ではなく、別の誰かに(何か)に「つかまった(とらえられた)」時だから。
誰に、どこに向かうべきかは、心が決める。
心を知る思考法があるとすれば、それは詩的なものだろう。
言葉は時に、役に立たないだけではなく、私をいたずらに混乱させ、こんがらがせてほどけにくくさせるから。

「いうな、シン! いうんじゃない」


私は歩み去るより他の何もできない。
でも、どこへ?

広告
posted by kach 12:43comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 12:43 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。