This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< ガラスボウルのなかのセックス | main | コンビニ人間とホリエモン >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





『世界の誕生日』 アーシュラ・K・ル=グウィン

JUGEMテーマ:読書

 

 

世界に傑作は数多くあり、それぞれがもはやどこからも誰からも干渉されないような独立した地位を築いている。

アーシュラ・K・ル=グウィンは稀有の作家で、そういった傑作をいくつも世に送り出している。

 

このブログでも取り上げてきた

『所有せざる人々』

『アースシー(ゲド戦記)』

『マラフレナ』

それぞれが完全に美しい、独立した地位を築く傑作だ。

 

 

「西の果ての年代記」三部作も素晴らしい。

ハイニッシュユニヴァースものと呼ばれる中では、俺は特に『内海の漁師』には大きな感動を覚えた。

『なつかしく謎めいて(Changin Planes)』の完成されていながら親しみやすいそのとっつきやすさは、ル=グウィンの世界にそれほど触れた事がない人にも安心してオススメできる。(それでいて表題どおり、謎めいている。もちろん。謎めいていない傑作?)

しかしこのブログに取り上げた事がない作品で、確固たる傑作だと俺に思えるものは以下の作品達だ。

 

 

『オールウェイズ・カミング・ホーム』

これは小説というよりなかば学術書の形態をとっているが、驚くべき事に、未だ存在した事のない世界に関する様々な記録の書である。

小説とは何ぞやという議論がされることがたまにあるが、この自由さ、すべてを取り入れる形式的柔軟さというものが、小説の本質ではないかと俺は思っている。

つまり、形がないことこそが形というか、小説というあり方の決まりが無い事が、小説のあり方というか。

そして『オールウェイズ・カミング・ホーム』はすさまじく面白く、興味深く、数多の謎を問いかけ、味わい深い印象を心に残す

 

『ラウィーニア』

これも傑作としか言いようがない。

作家の想像力、創作力とはこのようなものだ。

語りかけてくる声に耳をかたむけ、それをかたちづくる。

形式、文章、ドラマ。

ル=グウィンはすべてを駆使して、心に響く作品をかたちづくる。

 

 

 

そして今日、俺は『世界の誕生日』という短編集を読み終わり、傑作というものが端的に傑作でしかない事を噛みしめている。

この社会に、この宇宙に、この世界に疑問を持つ態度こそ、俺がル=グウィンから最も学んだものではないだろうか。

『オールウェイズ・カミング・ホーム』、『ラウィーニア』につづいて、俺が特に傑作として取り上げたいのは、この短編集の中でも「失われた楽園(Lost Paradices)」だ。

 

先週の投稿で、学習院大学の新学部のキャッチコピーを目にしながら俺が感じ、考え、書いたことがある。

その疑問、その表現、その思考は、この「失われた楽園」という小説を読んだ事で、さらに深まった。

以前、俺は自分がどうしてこんなに上手いこと読書ができるのだろうと考えた事があった。

その時に自分に、あまりにぴったりな本をいつも見つけてきては読むのだ。(その時に考えた結論の仮説の一つは「きっと俺は誤解して(読み違えて)いるのだろう、というものだった)

先週の「(現状は)そのとおりだと思う。しかし(もしも)…」という記事を投稿した後で、その週に、こんな小説に出会うとは。

もしも先週の俺の記事を読んで、何について何を言っているのか理解できない人がいるならば、ぜひこの『世界の誕生日』に収められた「失われた楽園」という小説を読んで欲しい。

俺はこの小説を読む前に、あの記事を書いて投稿しておいてよかったと思う。

 

この「失われた楽園」という小説には、あらゆる傑作がそうであるように、すべてがそこにある。

すべてとは何だ?

すべてとはすべてだ。

私のすべて。

作者のすべて。

この世界のすべて。

傑作が一つあれば、人生を表すのにそれ以上の、それ以外の何かはいらない。

私達の生きる喜びが、悲しみが、疑問が、肉体が、そこにある。

 

そして俺はすべてを持った作品がそこにある事を知って、他にもいくつもある事を知っていて、それでいて俺も書く。

俺の傑作に出会うために。

それ以外に、することがあるだろうか?

 

 

ここでは「失われた楽園」以外の短編について触れなかったが、それ以外のどれもがもちろんとても面白いものである。

たとえば「セグリの事情」という小説を読み終えた時、そこにもあらゆる疑問と味わいの粒がつまっていると思った。

おそらく「失われた楽園」がこの短編集の最後に収められていて、しかも一番長いものであるから、読み終えた後の感動の中でそればっかりについて語ってしまうのも仕方ないのかもしれない。

これ一編で、一冊の本として出しても充分に傑作として通用するものである。

それなのに、それに匹敵する読み応えの、深い深い作品がいくつもこの短編集には入っている。

まったく読む価値のある本というものが、この世の中にはあるものである。

 

 


「”インナー・シティ2000”は、とてもショッキングだった。なぜかというと、そこのひとびとを狂わせ、病気にし、危険におちいらせ、信じられないほど醜くしたのは、”あらあらしい自然”ではなく、彼ら自身が文明化したはずの”自然”を統御する力を失ってしまったからだった。
 人間的な自然。奇妙な言葉の組み合わせ。」p.462

 

 

 

 

広告
posted by kach 18:44comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 18:44 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。