This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< 『世界の誕生日』 アーシュラ・K・ル=グウィン | main | 川に >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





コンビニ人間とホリエモン

JUGEMテーマ:読書

 

 

以前、俺はこの世の中での生き方がわからなくて、ずいぶんと混乱していた事がある。

その時に、いくらかの怒りと共に思ったのは、この国(社会)の教育は機能していないということ。

小学校から数えて12年から16年間も教育を受けてきて、俺はどうすれば生きていけるのか、教育をどのように活かせばいいのかさっぱりわからなかった。

誰も俺に、生き方を教えてくれなかったと思った。

 

 

『コンビニ人間』を読んで、そんなことを思い出した。

やらなくてはならない事があるなら、やってはいけない事があるなら、守らなければならないルールがあるなら、明文化しろ、書面化しろという、主人公の言う事、よくわかる。

はっきりと提示もしないくせに、そのぐらい察しろとか、当たり前だろとか言われても、困る。

困るだけじゃなくて、ずるいと思う。

みんなやってるんだからお前もやれとか、自分で考えて行動しろとか、ずるいと思う。

こういうルールにしてるから守ってねとか、あなたにこの結果を出してほしいと思ってるからそのように行動してねとか、そうやって言って欲しい。

誰かを自分の思ったとおりに動かしたいなら、責任をもって指図してくれよと思う。

 

結果的に俺は、倫理やルールは守っておくとそれなりに利益になるものだから、守れるときには守ったほうがいいものだということを、勉強して学んで、今はなんとか人と関わり合いながら生きている。

どんなルールがあるのかとか、なんでそのルールがあるのかとか、俺はできるだけ人に伝えられる人間でいようと思っている。

 

 

 

ホリエモンの本を読んで、ホリエモンはちゃんと自分がよかれと思ってやってきたやり方を人に伝えようとしていて偉いなと思った。

自分が生きてきた中で学んできた事を、上手くいったやり方とか失敗したやり方を、他の人たちに伝えようとしている。

それはもちろん偏りとかゆがみはあるけども(むしろ特定の方向にぶっ飛んだ人だけども)、自分はこれがいいと思うんだということを、強い主語を明確にして伝えてるから、偉いと思う。

こういう人が多ければ、俺も、コンビ二人間の主人公も、もうちょっと困らずに生きていけたんじゃないかなと思う。

 

主語を、強く、明確に。

常識でしょとか、当たり前でしょとか、察しろとか、無言の差別とか、「わかるよな?」とか、「普通」とか、「なんでやらないの?」とか、ちょっと勘弁してくれと思う。

教えてください。

お願いですから。

アホなりに、必死にがんばってますから。

 

 

 

広告
posted by kach 21:47comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 21:47 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://nightswimming.jugem.jp/trackback/363