This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< 約束はいらない | main | 結婚生活 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





あなたにクリスマス

JUGEMテーマ:クリスマス



明日から姉夫婦と甥っ子二人に会いに行くので、職場のそばのショッピングモールを物色する。
今週はなかなか時間を取ることができなかった。
日常生活に根ざしたショッピングモールだから、手土産にふさわしいものがあるかはわからなかった。


カルディの店先にあった、レトロなサンタクロースがエンボス加工されたオーバル型のチョコレート缶に目が止まる。
赤くてツヤツヤで、雪景色やモミの木も描き込んであるようなやつだ。
そうか、クリスマスだ。

5月に生まれた二人目の甥っ子には、生まれて初めてのクリスマスだ。
上の甥っ子は2歳半。
これはプレゼントというものを理解できる、初めての年頃ではないか?
綺麗な缶を開けて、宝石みたいなトリュフチョコが並んでいるのを目にしたら、どんな気分がするだろう。
うちの姉(彼の母)は食べ物に気を使うから、こんなに刺激のつよいお菓子はなかなか彼の手に入らないだろう。
こんな時のために、快楽というのはあるのだ。
これを買っていこう。


カルディの向かいの店は、家具や小物を扱うショップ。
サンタクロースやトナカイやモミの木の置物がたくさん飾ってある。
陶器や、布や、何かいい感じの化学素材でできたやつだ。
おしゃれなサンタクロースを一つ手にとってみると「1,000円」。
人類の進歩をこういうところで目にする。
こんな貴族的な調度品がこんなお手頃価格で。
誰もが誰にも気兼ねなく、室内を思うように彩る事ができる。
自分の家にこんな置物や壁掛けをかけて、バランスよく華やかに飾る想定をめぐらしていると、いつの間にか心が浮き立ってくるのを感じる。
月間40時間を超えそうな残業の疲れとむなしさが、少し確実に癒えていくのを感じる。
素朴な消費の喜びは、人の生活を確かに豊かにすると感じる。
職場のすぐそばの、特になんの変哲もないショッピングモールにも、心を明るくするものはあるのだと見つける。

クリスマスのない消費など。
消費のないクリスマスなど。
神輿のない祭りだ。
祭りのない神輿だ。
ビールのないバーベキューだ。
バーベキューのないビールだ。
練り物ののないおでんだ。
おでんのない練り物だ。
映画のない映画館だ。
映画館のない映画だ。
麦茶のない夏だ。
夏のない麦茶だ。
ネクタイのないスーツだ。
スーツのないネクタイだ。
クリスマスとプレゼントのないお買い物など。
お買い物とプレゼントのないクリスマスなど。

サンタクロースは消費の偶像だ。
クリスマスプレゼントを贈る人はすべてサンタクロースだ。


妻も疲れ切って暗くて、せっかく週末の予定なのにとても楽しめやしないと思っていた。
金曜の夜、やっと心が放たれた。
君の笑顔に、気持ちよく会いに行ける。






「Driving Home for Christmas」の歌詞、和訳はこちら↓
http://nightswimming.jugem.jp/?eid=148


広告
posted by kach 00:14comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 00:14 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。