This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< 書物を読む、ということ〜言葉について〜 | main | ソラニン >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





2005年の俺的ベストアルバム Top 5

フューネラル
フューネラル
アーケイド・ファイア

いやいや、これはもうすんげぇよ。
最初はずっと歌詞わからずに聴いてたんだけど、それでも充分良かった。
音もいろんな要素が入ってて全然飽きないし、メロディーも良いし、アレンジも凝ってるし、ヴォーカルの叫びもすんごいエモーションこもってるし…

で、その後に歌詞カード見ながら聴いたら期待以上!
歌詞読むと萎えちゃうこともけっこうあるんだけど、これは思ってたのとは違う感じで、期待の遙か上を行かれちゃった感じ。
歌詞にエモーションだけじゃなくて、社会的な強いメッセージがあるのが良かった!
そういうメッセージがない音楽は、俺はあまり認めません。
まぁ、別に社会的でなくてもいいけど、伝えるべきものがないなら表現活動をする意味はないからね。
とにかく、今年のベストアルバムはこれ!



X&Y (CCCD)
X&Y (CCCD)

この完成度の高さは素晴らしい。
1st、2ndと真っ直ぐに音のスケールをアップさせてきたから、この3rdは発売前から内容の予想はある程度できていたわけで、そんな中で期待に違わぬ作品を作ったという事は全く素晴らしい。
王道をゆく、っていうのは大変なことだから。
ただ残念なのは、前の2枚に比べて伝わってくるもののスケールはちょっと落ちたかな、ってこと。
音はまったくすごいんだけど、聞き手の内側に入り込んでくるものが、今までに比べるとちょっと物足りなく感じてしまう。
まぁでも、そこらへんの大量生産品とは比べ物にならないけど。

さて、王道はひとまずある程度極めたから、次はどうくるかが楽しみ。
俺の個人的な希望としてはエレクトロニカやテクノを取り入れて欲しいけど、それじゃあU2とかぶるからな…
あとはそのころまでに東芝EMIにバカなコピーガードをなくしてもらわないと。



スターズ・オブ・CCTV(初回限定ハッピー・プライス)
スターズ・オブ・CCTV(初回限定ハッピー・プライス)

ストリートからの反抗の狼煙。
The Ordinary BoysThe Othersとかじゃあ物足りなかったんだけど、ついに来た!って感じ。
歌詞にひねりは全然ないけども、何かを変えたいっていう思いは伝わってくる。
ただ、自分たちはポリティカルなバンドじゃない、って言ってるのがどうなのかなぁ…
ってか、これを宅録で録ったっていうのはホントなのか?
だとしたらすげぇな…



ライフ・イン・スロー・モーション
ライフ・イン・スロー・モーション

前作までは狭っこいスタジオで、安っちい打ち込みサウンド作って、その上に良質の歌を乗っけてて、そのローカルな感じが好きだったんだけど、
このアルバムではちゃんとしたスタジオで生のバンド使って、おまけにストリングスとか分厚いコーラスまで入ってすっかり変身。
でもこの人にはしっかりした歌があるから、どんなアレンジでもちゃんとぶれないで聴かせてくれる。
こんだけの分厚いコーラスとか使っても、やりすぎな感じにならないのはそんな歌の良さと、彼の才能だろうね。
歌詞も深くて考えさせられるので、秋の夜長に重宝しました。



And the Glass Handed Kites
And the Glass Handed Kites

まさかここまでとは…
期待はしてたけどここまでやってくれるなんて…
最初に聴いたときはそんなに来なかったんだけど、聴けば聴くほど味わい深い。
野心も実験欲も旺盛なのはよくいるけど、結局まとまりがなくなってバラバラになったりすることが多いんだよね。
そんな中でこの人たちは見事にやり遂げてくれたね。

日本盤はボーナスの日本語バージョンがうざい。



次点
Thunder,Lightning,strike
Thunder,Lightning,strike
広告
posted by kach 19:18comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 19:18 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。