This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< GWということでおすすめマイナーミュージシャン祭り | main | レミオロメン 『ether』 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





Bruce Springsteen 『Born to Run 30th Anniviersary Edition』

明日なき暴走 -30th Anniversary Edition
明日なき暴走 -30th Anniversary Edition
Bruce Springsteen

買った買った買った買った!!!
ついに買った!!!
ずっと欲しいと思っていたあの名盤の30周年記念バージョンです。
お値段がお値段なだけに、なかなかお手軽に買える代物ではなかったけど、ついに買いました。

激ヤバ激ヤバ激ヤバ!!!
なにがヤバいってね、特典のライヴDVDがヤバい。
これはもう文字通りに殺人的なヤバさですよ。
これを生で見てたら本気で死ぬ。

その特典DVDの音源だけのCD盤がこれ↓ね。

Hammersmith Odeon Live 75
Hammersmith Odeon Live 75

これ↑を俺は今まで何回も聴いてて、それだけでも超感動してたのに、やっぱり映像が付くとさらにすごいね。
Bruce Springsteenといえば、ライブが半端なくヤバいということで知られているロックンローラーで、どれぐらいヤバいかというと、部屋で一人でライブ盤を聴いていてもテンション激上がりで踊りだし、興奮しながらもなんだか嬉しくて悲しくて泣き笑い状態で何がなんだかわからなくなり血管がブチ切れて死ぬ、というそれぐらいヤバいのであります。
部屋で一人で聴いていてこれなのだから、これを会場で生で味わったら3回死ぬぐらいでは収まらないぐらいのものだろうね。
Bruce Springsteenは今の俺にとって、最も「リアル」な音楽です。
The E Street Bandとかが『Born to Run』について語ってるほうのDVDはまだ見てないけどね。

「私はロックンロールの未来を見た。その名はBruce Springsteen。」
っていう有名なコラムがあるけど、ホントにこれはそれだけすごい。
現代にも生きた「ロック」はあると思うけど、これを超えるまでの「ロックンロール」があるかどうかは疑問だね。
これほどまでに圧倒的な熱量を誇るミュージシャンが果たして現代にいるのか、っていうね。
ひょっとしたら、こういう「ロックンロール」はもう過去のものになりつつあるのかな?
それとも俺が知らないだけなのかしら?
やっぱり同世代にもそういう存在が欲しいよね。
今だとやっぱりArctic Monkeysがそれに一番近いのかな。


さて、なんだか久しぶりに書いた気がするし、実際1週間ぶりの投稿なわけですが、これは良いことです。
何が良いことかというと、つまり他にやることがあるということです。
今までは学校にいても家にいてもイマイチやることがなかったのでとりあえずパソコンに向かう、というパターンが多かったのですが、最近は学校でも家でもやることがそれなりにあるので、記事の投稿も遅れ気味になるということです。
GWも明けて、ようやっと学校にもそれなりになじんでペースを掴んできた、ということでしょうか。
実際この1週間は充実していた気がします。

"It's not bad thing. It's good thing!!"

わかる人にはわかる、DDPでした。(なつかしいねぇ〜)
広告
posted by kach 21:53comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 21:53 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。