This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< 大滝詠一 『A Long Vacation』 | main | 僕を許して >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





ビューティフル・ソングス〜ココロ デ キク ウタ〜


ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク ウタ~
ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク ウタ~

売れてます。
心で聴く歌、だそうです。
それの対義語はなんでしょうか。
耳で聴く歌、でしょうか。
頭で聴く歌、でしょうか。

いや、選曲はそこまで悪くない。
むしろこのテのコンピものではかなり良い部類である。
何が悪いかっていうとね、ジャケからもわかるんだけど、気持ちいいこと目指してるのよ。
癒されちゃダメでしょ!
いや、「癒し」が悪いんじゃなくて、「心で聴く歌」で癒されちゃダメでしょ!
いや、選曲はホントに悪くないから、是非とも心でも頭でも聴いて欲しいんだけど、決して気持ち良い曲達ではないと思うのよ。
まぁ、Daniel PowterとかOasisが気持ちいいことは否定しないけど、JewelとかDamien Riceとかっていうのは気持ちいいことを目指してないから。
JETの曲なんて、裏切った人を断罪する曲ですよw

ただ、何度も言うように選曲は悪くない。
James BluntやDaniel Powterの延長線上でなく、もっとちゃんと聴くならば、このコンピ盤は「洋楽」への導入としてはそこまで悪くない。
まぁ、曲のセレクトをした人も実はけっこう「わかっている」人なのだろう。w
ただ、売り方としてこうならざるを得なかったということ。
結果的にこのCDが売れて(現に売れているが)、R.E.M.やDamien Riceの曲に多くの人が出会うなら、それは良いことなのではないかな。
ただ、あのNightswimmngは名曲ではあるものの、R.E.M.の中では異色の曲であり、あれがR.E.M.の本領というわけではないので、あしからず。



Betcha Bottom Dollar
Betcha Bottom Dollar

おまけで、最近見つけた良い音楽。↑
Corinne Bailey Raeとかを好きな人なら、どういうアプローチで彼女の音楽を聴いてるのかに関わらず、けっこういけると思う。
最近はThe Pipettesの登場とか、レトロな雰囲気を現代に蘇らせるような人たちが増えてるけど、これもそんな感じ。
The Pipettesの50年代〜'60年代を超えて、ほとんど民謡みたいな古さを感じさせる。
これ、いいじゃない。


We Are the Pipettes
We Are the Pipettes

広告
posted by kach 23:55comments(0)trackbacks(1)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 23:55 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://nightswimming.jugem.jp/trackback/78


8/28付チャートの注目作品
ついに1位になる ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク ウタ~オムニバス
ANTHEM | 2006/08/24 9:03 PM