This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。


<< 『見るまえに跳べ』 大江健三郎 | main | 『地獄の逃避行』 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





『ジョゼと虎と魚たち』

評価:
コメント:魚がでかいよ

なんか、変わった映画だよなぁ。
群れて生きる人間というものを、突き放して悲しく眺める。

感触として、自主映画が持つ雰囲気に近いものを感じた。
街の遠景のカットがところどころに連続して挿入されたり、静止画がフラッシュバックしたり。
(物語の中での役割として)「障害者を特別扱いしない」というところが、安全なところにとどまらなくて、少し野心的で良いと思う。
あの役どころが身体障害を抱えている必然性って、実はそこまで大きくない。
抱えていなければこの物語が成り立たないのも事実だけど、別に障害を持ってなくてもこのテーマを描くことは不可能ではないと思うのだ。
もちろん、この映画では身体障害者という存在を巧みに「利用する」ことによって、成功しているのだけれども。
別に身体障害者を出さなくても描くことは不可能じゃない、でもこの映画では身体障害者を出して描くことによって成功した。
それだけのことで、その意味で「障害者を特別扱いしない」。
それは子供を「利用」したり、老人を「利用」したりするのと同列だ。

ホテルの中での馬鹿でかいCGの魚がやたらと恐ろしくて、どこか暗示的だ。
あのグロテスクな魚に象徴されるように、鑑賞者を気持ちいいだけではいさせてくれない点が良い。上野樹里は画面上でめちゃ汚いし。
あんな魚出されたら、せっかくジョゼが語ってても何も聞こえてこないや。

悲しいまでの人間同士の距離の遠さが、そのままポンと放り出される。
距離の近い関係が、一つも出てこない。
お婆が死んだあと、恒夫に対してドアを開いた時点で、すでに覚悟を決めていたジョゼが一番悲しい。
広告
posted by kach 00:06comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

広告
posted by スポンサードリンク 00:06 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://nightswimming.jugem.jp/trackback/95