This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





カボチャの煮つけ




カボチャを煮ながら書いている。
カボチャは大きく切った。

小松菜の値段が下がって、138円(特価)だった。
お浸し。
生姜の豚汁は昨日の残り。
ホッケ干しを焼いて。
大根おろし。

今日は妻のほうが帰りが遅い。
身重にして、忙しい妻だ。


我々の忙しさには終わりがない。
チャールズ・ダーネイ(シャルル・エヴレモンド)は、「皆がすることを私もする。働くのだ」と言って、貴族の地位を捨てた。
働くことは人道に反することではない。
むしろ、人間性への賛歌だろう。


ル・グウィンの小説に出てくる好ましい人々は、よく手を動かす。
アースシーにあるロークの学院には「手わざの長」がいる。
ゲドもテナーも、よく手を動かす。
ラウィーニアも西のはての人々も、よく手を動かす。

カボチャは大きく切った。
ホッケを焼いて大根をおろすのは、もっと妻の帰りが近づいてからにしよう。


我々の労働によって獲得された資本が、我々の人生からかけ離れた彼方に蓄積され、さらに流れていくことについて、嘆いてみても仕方あるまい。
膨れ上がったマネーは各所でバブルを起こしてはじけては、総量を増やしながら流れていく。
その気になった誰かの業を満たすのに役立てられる。

我々は今日の日を慎ましく、身の丈なりに生きることで、幸福の領域を守っている。


日記は紙に書け、と言われるだろうか。

「いつか、書かなくなる日を目指して書くのだ」とノートに書いたのはもう5年も前だ。
知恵と言葉の身体化、と。
まだ書いている。
人目につくところに書いている。
それが俺の業だ。

働くだけで済ませられない。
手を動かし、呼吸をし、世界と戯れる。
そういう幸福に、とどまれない。


もうじき妻が帰る。
ホッケをフライパンにのせる。
それでいいじゃないか。

こんな生活のために、革命があったのだ。

広告
posted by kach 21:25comments(0)trackbacks(0)





あなたに


黒い血の匂いのする気持ちに包まれている中で
ふいに「笑ったら?」と無茶を言う
それはたしかにいいかもしれない


硬く疲れ切った地下鉄の中で
「よだれ」と見つめる
隣同士のおしゃべりが少しほぐしてくれる


そんな誰かが
ついに俺の生活にいます

広告
posted by kach 22:12comments(0)trackbacks(0)





夜に



雨と汗
Apple Musicで聞くSadeのライブ
深夜
4車線の真ん中を歩く

影と光
追突の予感
妻と子の眠る家へと帰る
明日へと帰る

広告
posted by kach 00:40comments(0)trackbacks(0)





川に


住宅街の隙間を流れる
コンクリートで固められて
藻にまみれた川

悲しくなる
これで川と言えるだろうか

暗渠になったり埋め立てられたりする川もあるわけだからさ
こうして空の下を流れられるだけ
君は恵まれてるよ

こんな川に
なりたかっただろうか
私は
広告
posted by kach 07:36comments(0)trackbacks(0)





Endless Rain

 

 

 

 


どうして生き延びたかわからない時期というものがある。
そんな時期を振り返る時、「やまない雨はない」という使い古されて手垢にまみれた表現の、人間が積み重ねてきた知識の正しさに改めて気づかされる。
雨が降っている時に、その雨がいつか上がるだろうと信じる根拠はない。
しかし経験上、あくまで経験上のことに過ぎないが(だから経験がない人には信じられないかもしれないが)、雨がやまなかったことはたしかにないのだ。
そして気づかされる。
人間は自分で思うよりも強く、しなやかに生きるものだと。


かつて、10月31日の六本木で路頭に迷ったことがある。
別に、終電を逃して身動き取れなくなったとか、そういう話ではない。
当時、俺の家は六本木からタクシーで15分程度のところにあったから、家に帰るだけなら不便はなかった。
ただ、自分には生きている価値が無いように思えて、自分の人生にも生きる価値が無いように思えて、それから先、一日だってとても生きていく力が無いように思えただけのことだ。
中島みゆきの歌詞にいくらでも出てきそうな心境ではあるが、たとえば「明日など無いと酒をあおれば また醒めて今日も生きていた ああ人生とは」というようなものだ。


その日、俺は六本木で知り合い数人と飲んでいた。
ハロウィンだったから、六本木の特別な面白いお店での集まりだった。
そのうちの一人に、俺は惚れていた。
その人と顔を合わせる機会は多かったが、特別に親しいというわけでもなかった。
その人に彼氏ができたことを、そのハロウィンの夜の1ヶ月ほど前に知っていた。
むしろ、それを知ってからのほうが想いがつのったと言ってもいいだろう。
それでも俺は、その夜を楽しみにして、浮かれていた。
ドンキホーテでカボチャのかぶり物を買って持って行ったほどだ。
お店を出た後、そのかぶり物をかぶって、街中の人とハイタッチをして歩きまくりたいと思っていたからだ。


結果的にその人は、終電を待たずして帰ってしまった。
遠距離恋愛の彼氏が東京駅に着くのを迎えに行く、と言って。
そうなると冷たいもので、一座のうちの俺を除く全員が、「今日は終電で切り上げましょうか」なんていう雰囲気になってしまった。
俺はカバンに忍ばせたカボチャの事を、意外なお遊びの思いつきとして、誰にも言ってなかったから、それがあだになった。
いざ、「せっかくだからちょっと街を歩きましょうかね」なんて流れになった時に、「ジャーン!」と出そうと思って秘密にしていたのだ。
俺は真夜中ごろの六本木交差点で、カボチャのかぶり物を忍ばせた手提げカバンをぶら下げて、路頭に迷う事になった。
浮かれ騒ぐ街で心の遣り場がなく、電車はまだあったとは思うけれども、とてもじっと座ってなどいられなくて、家まで1時間半ほどの道のりをトボトボと歩いて帰った。


あれほど佗しい夜を俺は他に過ごしたことがない、とまで言う気はない。
他にも、途方もなく佗しい夜をいくつも俺は過ごしてきているからだ。
しかしそれでも、いくつもあってそれぞれとても比較はできないほど、それぞれにそれぞれのあり方で途方もなく佗しい夜の、あれは一つであったと俺は言うことができる。

あの時、さまようようでいて、それでいて踏みしめるように運んでいた足の一歩一歩に合わせるようにして、俺の心にはX JAPANの「Endless Rain」のイントロのピアノコードの旋律がくり返し流れていた。
あの人のいない人生の、どこに喜びがあるのか、俺にはわからなかった。
あの人の視界の片隅に、風景の一部としてたまに映るに過ぎない自分は、ひどく価値のないつまらない役立たずのものだと思えた。
行くあてがなく、生きるあてがなく、帰るあてもなかった。
とてもこれ以上生きていけるとは思えなかった。


それでも俺は、意外とケロリと生き延びて、平和な今日を生きている。
心は自然と立ち上がり、立ち直るようにできているものだ。
思い込みや暗示や信仰は強力だが、しょせんは思い込みや暗示や信仰に過ぎない。
それと関わりのない生活をそれなりに過ごしていくと、自然と薄れていくものだ。
そうやって人はしぶとく生きていき、その時が来ればそれはそれでそれなりに死ぬのだろう。
そして、時代はめぐっていく。
回っていく。
我が子の世代になれば、俺がかつて11月の街並みにクリスマスを待ちわびて胸が高鳴ったように、9月からハロウィンに心躍るだろうか。


 

広告
posted by kach 20:49comments(0)trackbacks(0)