This Is The One! - innocent -

俺にとってのお気に入り(The One)を公開していくブログです。最近は目にしたものをどんどん書いていく形になっています。いっぱい書くからみんな読んでね。





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広告
posted by スポンサードリンク |-|-





『あのころ僕らは』

若者が作りました、って言われても、おじいちゃんが作りました、って言われても、どっちでも信じてしまいそう。
実際には、若者が作りました。
若き日のレオナルド・ディカプリオとトビー・マグワイアなんかが一緒になって作ったらしい。

いや、僕ちんこういうの全然好きですよ。
「こういうの」っていうのは『コーヒー&シガレッツ』みたいなオシャレものっていう意味じゃなくて、若者のなんでもない風景を切り取るっていうか、比べてしまっていいものならば『ミーン・ストリート』もそれに近いような。
まぁ、冒頭のスモークばりばりのシンガーなんかのところはどうでもいい部分で、大事なのは若者の会話。
これが聞いてるだけでスリリングで楽しいから。
すごく愛しいよなぁ、と思うわけです。
俺なんかが地元の仲間とファミレスなんかで深夜に溜まってるときの会話ってのも、まぁあれほどでもないけれどもあんなふうにスリリング。
みんな本音と表面の剥離なんかわかった上でやってるし、それがちょっとだけ気にくわないって顔のやつもいるし、あんまり喋らないやつもいるし、みんなわかってる。
もはや付き合いは長いやつがほとんどだしね。
新しいやつが加わっても、相変わらず。
オザケンの「さよならなんて云えないよ」じゃないけど、本当はわかってる。

一晩の中では、一晩なりのいろんな出来事があって、それでもって朝が来ればみんな去っていく。
この映画ではそこのところが、すごくベタなのかもしれないけど、輝かしく描かれていて、俺はすごくグッときた。
そして静かに心は離れていくと。

Rilo KileyのJenny Lewisが出演しているところも注目。
オープニングのクレジットであれっ?と思ったけど、エンディングではRIlo Kileyも流れてくるし、やっぱりそうだったかと納得。
ってかあの曲を入れたのは、制作時じゃなくて公開時の2000年なのかな。
アルバム入ってる曲だしね。
もし制作時(1996年とか)にあの曲を入れたとしたら、Rilo Kileyの活動史とかにも興味が出てくるな。
でもPhantom Planetの曲も登場するし、たぶん後から入れたんだろうなぁ。

なんにしても、「あ、こういう映画撮ってみたいな」と思うような作品でした。
何を観てもそんなこと言ってる気がするけど。
ただ俺が作ろうとしたら、『インディアン・ランナー』みたいに、そこに我慢できなくなってぶっ壊さないといられないようなヤツを登場させたいところなんだろうな。
広告
posted by kach 01:15comments(0)trackbacks(0)





『クラッシュ』

評価:
コメント:クラッシュ!!

『動くな、死ね、甦れ!』に勝るとも劣らない衝撃!!
正直、3回泣いた。

人間を描くというよりも人間“たち”を描く。
そういうことって俺は次に自分が撮る映画でやってみたいなぁと思っていたのだが、こんなの観ちゃったら影響受けないわけにはいかないじゃないか。
当たり前のことだけど、完全な「悪人」なんてのも「善人」なんてのもいるわけがなくて、そんな一人ひとりがぶつかり合って(crashして)分かり合えなくて。
それでもいくつかの愛のかけらを見せてくれて救われる部分はまだこの映画にはあった。
これだけの内容で、まったく飽きさせないエンターテインメント性があって、すごいなぁホントに。

監督・脚本のポール・ハギスという人は『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本も書いていて、よくもわるくも「できた」脚本を書く人だと思った。
ただ、それを見せきってしまう監督としての仕事は、王道な感じもしたけど本当にすごいと思った。
ストーリーが出来すぎだという手合いはいるかもしれないし、その指摘もわかる。
子供がどうとかいう指摘もわかる。
でも、この「できた」ストーリーで何を描くかっていえば、ストーリーの外にも広がっていく限りない人間模様なわけで、それはこのストーリーに強く特徴的なアメリカに限った話ではなく、例えば日本でも同じ問題は常に存在するわけだ。
愛とエゴと欺瞞に満ちた僕らの生活は明日もまた続く。
広告
posted by kach 21:14comments(0)trackbacks(0)





『駅馬車』

評価:
---
コメント:ウェインとフォード

別に今さらレビューするのもなんなんだか、って感じもするほどのアメリカ映画、あるいは西部劇の古典。
とりあえず、今日BS2でやってたから観た。

いやー、面白い、さすがに。
考えてみればストレートな西部劇の映画を観るのって初めてな気がする。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』でのイメージばっかり強い。

いざ原住民が襲撃してくるのは中盤過ぎなんだけど、そこまでの人間模様がすごく面白い。
一つの共通の状況に押し込まれた人間達の繰り広げるドラマ。
その設定の上手さと、見せ方の上手さっていうのを手に入れなければいけないんだろうなぁ。

そして西部劇の雛形、原住民の襲撃と、埃っぽい町の道路での決闘。
そしてラストシーン。
うーむ、アメリカ映画、いいなぁ。
1939年、きっとまだネイティブ・アメリカンへの配慮みたいのは言われてない頃なんだろう。

ジョン・フォードをもっと見なくてはと思った。
とりあえず、原作に挫折したことのある『怒りの葡萄』を観よう。
広告
posted by kach 23:26comments(0)trackbacks(0)





『アニマル・ハウス』

評価:
---
コメント:動物小屋

最高じゃ!ドタバタコメディ!
『アメリカン・グラフィティ』と比較されがちだが、共にその後の青春ムービーの雛形になったことは確かだがその内容は全く違う。
そもそもこの映画自体が『アメリカン・グラフィティ』の影響の下にあるのは免れないので、単純な比較対象として見るのも難しい。

舞台は『アメリカン・グラフィティ』と同じ1962年。
楽しげなオールド・アメリカが大好きな俺にとって思い切りツボなのだが、しかし楽しいだけでは済まされないのも事実。
それは物語中盤過ぎで主人公達(白人)が黒人たちのバーに入ってしまうところなどに端的に示される。
ピーター・バラカンの『魂(ソウル)のゆくえ』を引用しよう。
(劇中のトーガ・パーティのシーンに触れて)「当時のR&Bバンドにとって重要な演奏場所があのような白人大学のフラターニティ(日本でのクラブ、同好会的なもの)のパーティだったのである。人種差別がはっきりしている社会だから、黒人クラブ以外で演奏できる場所はほとんどないわけで、こういったパーティの仕事は彼らが生計を立てる上でとても重要だったようだ。またこれは当時の白人の若者の黒人音楽への欲求をも示している事実だと思う。」

実際、劇中で使われる当時のヒット曲はほとんどが黒人のソウル・ミュージックである。
例えば俺の大好きなSam Cookeは2曲使われているし、トーガ・パーティで演奏されるのはThe Isley Brothersのカバーだったりする。
あんな曲をみんなで合唱できるっていうのが、俺にとって一番羨ましいことだったりして、現代の日本の若者たちも当時のアメリカン・ポップスに目覚めたりしないかなぁ、とかなわない幻想を抱いてみたりする。

とりあえず、今の俺が撮ってみたいのはこういう映画だな。
広告
posted by kach 00:33comments(0)trackbacks(0)





『地獄の逃避行』

評価:
テレンス・マリック
コメント:Badlands=荒れ地

その美しい映像などで一部で強い人気を誇るテレンス・マリック監督のデビュー作。
1950年代の終わりに一組の若き男女がアメリカの荒野をドライブしながら10人もの人を殺してまわった。
この『地獄の逃避行』はその実話を基にしているが、なんというか、迫力が全然ないことによって逆に重い。
殺人も愛も、突き放された単なる「出来事」として描かれ、荒れ地(badland)を行く二人を見つめるのは美しく映し出される自然の風景。
遠くにミズーラの火とシャイアンの灯を眺めながらの夜の荒れ地のドライブは、なんとも切なくもの悲しい。
前の『ジョゼと〜』のところにも書いたけど、群れて生きる人間を突き放して眺めると、それはとってももの悲しい。


Bruce Springsteenが同じ事件を扱った"Nebraska"という曲がある。

They wanted to know why I did what I did
みんな俺がどうしてそんなことをしたのか知りたがったさ

Well sir I guess there's just a meanness in this world
どうでしょうね 俺が思うに ただひどい事っていうのが世の中にはあるんですよ


<印象にのこったセリフ>
「まだ捕まっていない。運がいいね。」
「あの金持ちは殺されなくて運がよかったな」
広告
posted by kach 20:53comments(0)trackbacks(0)